2020.06.30 Tuesday

東員町第二地域包括支援センター

0

    そして先日、たまたま「東員町第二地域包括支援センター」の近くを通りかかったので、アポなしで訪ねてきました。場所は東員町笹尾東、ネオポリス診療所の隣ですが、ここは”東員町役場・笹尾連絡所”という建物。市役所の分店に間借りしているのですね。

     

     

     

     

    玄関を入って右側が市役所スペース、左側が地域包括支援センター。ちなみに、この包括支援センターは、東員町でサ高住やデイサービス、居宅事業所、訪問看護など一大グループを築いている”紫苑さん”に運営委託されています。

     

     

     

     

    受付には、紫苑さんの知っているケアマネさんがいましたが、ちょうど電話応対中。また奥の個室でも相談業務が行われているようで、話し声が聞こえました。結局、お忙しそうで、トイレを借りただけで帰りましたが、活発に動き出しているようです。

     

     

     

     

    さて、在宅医療の面から見ると、地域包括支援センターに期待する役割として、生活支援が必要な人に要介護申請を勧め、ケアマネにバトンタッチしてもらうということが挙げられます。

     

     

    しかし、厳密には要介護度が決定してからケアマネが決まります。生活サービスなどを決定するのはケアマネの役割なので、要介護申請してから要介護度が決定するまでの間、たいして何もできないともいえます。ちなみに申請してから決定するまでどれくらいの期間がかかるかというと、以前に紹介した記事では、中央値が36日ほどでした。

     

     

    特に末期癌の患者さんの場合、急速に状態が悪化する人が多く、1か月も待っていられません。ということで、「おそらくこれくらいの要介護度が出るだろう」と推定して、申請したらケアマネが入って、見切り発車でサービスを導入していくことがあります(後々、要介護度が出れば、申請時にさかのぼってサービスが使えます)

     

     

    ただあくまで推定ということもあって、なかなか判断が難しい場面もあり、円滑にケアマネへのバトンタッチが進まないということもあるようです。この点、隣の四日市市では、末期癌の患者さんなら、それほど不自由がなくても要介護2以上が認定されるようになっており、計画が立てやすいです。(いなべ市では、自分も介護審査員を勤めていますが、癌などの病名に関係なく、良くも悪くも公平に審査されてしまいます)。

     

     

    そんな事情あって、迅速な援助という面では、市町村によって差がみられるようですが、この点でも第二地域包括支援センターの活躍に期待したいところです。

     

    2020.06.29 Monday

    東員町第二地域包括支援センター

    0

      先日、「東員町第二地域包括支援センター」が発足したと、職員の方々がチラシを持ってご挨拶に来ていただきました。

       

       

       

       

       

      地域で暮らす高齢者の人たちの介護や福祉、健康、医療について、相談に応じたり援助を行うというのが地域包括支援センターの役割です。だいたい中学校校区の中に一つあるもので、いなべ市にも市役所内に一か所設置されています。

       

       

      東員町にも、これまで役場前に1か所の地域包括支援センターがあったのですが、このほど、二つめの地域包括支援センターが新設されたわけです。背景には、東員町全体でも高齢者が増えた結果、1か所だけでは手が足りなくなってきた、ということがあります。

       

       

      場所は笹尾東という、ネオポリスと呼ばれる団地街の一画です。ちなみに正式名称は「西桑名ネオポリス」で、ネオポリスというのは、大和ハウスグループが手掛けた団地に命名する呼称で、全国に30か所ほど存在します。

       

       

      1970年代、名古屋への通勤圏として造成されたニュータウンには、現在も1万2千人と町内人口の半分近くが居住しています。しかし、50年近く経過した今では、街並みも居住者も高齢化しているというわけです。

       

       

       

       

      空き家や、メンテナンスされずに朽ちている家、そうでなくとも、高齢者1人暮らしや、高齢夫婦のみの家庭が多くみられます。調子を崩して生活に困っても、相談できる場所が分からないという方も多いでしょう。私たちの患者さんにおいても、相当辛い状況になってから生活援助を開始する人が多くみられます。

       

       

      第二地域包括支援センターが新設された結果、町内にきめ細かく注意を配ることができるようになるのではないでしょうか。多いに期待したいところです。周りへの周知など、応援していきたいと思います。

      2020.06.28 Sunday

      びっくはんどでテイクアウト

      0

        最近はテイクアウトから遠ざかっておりましたが、美味しいテイクアウトがある・・という情報を聞きつけやってきたのは、いなべ市大安町は「びっくはんど」です。

         

         

         

         

        和風の空間で、洋風懐石をいただける高級店で、昨年は忘年会で利用させていただきました(記事はこちら)。ということでテイクアウトのメニューは、立派なお弁当か・・と思いきや、なんとハンバーガー。

         

         

        オリジナルパティの「びっぐはんどバーガー」、特製トマト入りの「イタリアンバーガー」、そして自慢の天ぷらが入った「天ぷらバーガー」の3種類から選ぶことができます。サイドメニューにはポテト、スープが用意されています。

         

         

        ハンバーガーは用意に時間がかかるということで、30分前に電話連絡して伺ってみました。駐車場にはかなりの車が停まっており、コロナ蔓延からひと段落し、お客さんが戻っているようです。

         

         

        お目当ての商品をレジで受け取ります。今回、商品と同じくらい魅力的なのが、敷地内の森のガーデンが開放されているということ。素敵な音楽が流れる中、新鮮な空気を吸いながら、いただくことができるのです。

         

         

         

         

        豪勢にも、天ぷらバーガー、ポテト、特製スープ、オレンジジュースと購入しました。

         

         

         

         

        バーガーは分厚いのでよほど大きな口を開けないと入らないと思いましたが、手で押し付けることで意外に食べやすい。天ぷらだけでなく、肉のパティも入っているのですが、これが相性よく、両方の風味を十分に堪能できます。加えて、天ぷらのサクサク感がまた貯まりません。また特製スープは、冷静の甘いコーンスープ。蒸し暑い中で、とても美味しく感じられました。

         

         

         

         

        やはり有名店の作ったテイクアウトは、一味も二味も違う特別なものでした。環境も格別で、なかなか味わえないひと時を過ごすことができました。

         

         

         

         

        ちなみに、店内のショートケースには美味しそうなフルーツサンドが。ハンバーガーほどはお腹が空いていない人はこちらを・・と思いきや、こっちもマンゴーがたっぷり入ってかなりのボリューム。一度味わってみたいですね。

         

         

         

         

        テイクアウト(ホームページ

        11:00〜16:00

         

        2020.06.27 Saturday

        雑草取り

        0

          本日は休みの日。診療所で朝から雑用をしていると、久しぶりに大家さんが来てくれました。敷地内に伸びた雑草を駆ってくれるとのこと。そういえば、暑くなって、端の方で雑草が勢いよく茂っています。

           

           

           

           

          背の高い草は草刈り器をあて、背の低い雑草には除草剤を撒いてくれました。この後、雨が降ると効果が弱まるため、降らない日を選んでくれたとのこと。草はゆっくりと枯れ、2週間ほどで無くなっていくそうです。

           

           

           

           

          しかし作業中に一つ難題が。建物の軒先にはメダカを飼っているため、派手に除草剤を撒いては、メダカに悪影響を及ぼしてしまいます。

           

           

          実は大家さんもメダカを飼っているそうで、事情を十分に汲んでくれ、効果が弱めの除草剤を小さいノズルで散布してくれました。その分、地道な作業で時間がかかり、この暑い日には大変そうでしたが・・

           

           

           

           

          ただ、一昔前はメダカが田んぼにいることはふつうで、雑草が生えないよう田んぼに除草剤が撒かれることもふつう。濃度を調整することでメダカと除草剤は共存できるというわけですね。ちなみに現代になって、自然のメダカが絶滅危惧種になったのは、農薬とは関係なく、水路のコンクリート化や流れが速くなったことだそうです。最近では、メダカを住まわせた田んぼで獲れたコメを、メダカ米と名付けて売り出すところも・・。

           

           

          話が大いに脱線しました。当院は土地も建物の賃貸ですが、その分、定期的にメンテナンスしてもらえるので、助かっております。

           

           

           

           

           

          追伸:翌6/28(日)は、9:00〜16:00まで休日外来診療を行います。受診希望の方は、電話で予約ください。ちなみに薬は、大泉駅前、パンプキン薬局で受け取っていただきます。また、発熱患者様は車の中で診察を行う予定です。

          2020.06.26 Friday

          消毒液の優先供給スキーム

          0

            昨日、ふだん物品を購入しているアスクルより、段ボールが届きました。何か注文したかなあ、と思って中を開けると、資生堂の消毒液が4本ほど詰まっていました。確かに注文した覚えはありません。

             

             

             

             

            よく見ると、段ボールに優先供給というシールが貼ってありました。同封の紙によると「国による優先供給スキーム」に基づいて、都道府県がアスクルに発注し、小規模診療所に届けているものだそう。当然、当院の負担はありません。こんな制度があるのですねえ。

             

             

            また同じ日の夕方、いなべ市役所の方が、手作りマスクを職員の人数分届けてくれました。かわいい“うめぼーや”のプリントが入った素敵なマスク。耳にかけてみると少しゆるいですが、そこは手づくりだけあって、ひもの結び目をいじって短く調整できます。

             

             

             

             

            本日の訪問診療で早速着用しましたが、東員町の事業所の方が羨ましがっていました。いなべ市の医療関係の事業所に配られているのでしょうか。

             

             

             

             

            消毒液といいマスクといい、有難いお話です。今後も感染対策に気を配っていきます。

            Calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << July 2020 >>
             
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM