<< びっくはんどでテイクアウト | main | 東員町第二地域包括支援センター >>
2020.06.29 Monday

東員町第二地域包括支援センター

0

    先日、「東員町第二地域包括支援センター」が発足したと、職員の方々がチラシを持ってご挨拶に来ていただきました。

     

     

     

     

     

    地域で暮らす高齢者の人たちの介護や福祉、健康、医療について、相談に応じたり援助を行うというのが地域包括支援センターの役割です。だいたい中学校校区の中に一つあるもので、いなべ市にも市役所内に一か所設置されています。

     

     

    東員町にも、これまで役場前に1か所の地域包括支援センターがあったのですが、このほど、二つめの地域包括支援センターが新設されたわけです。背景には、東員町全体でも高齢者が増えた結果、1か所だけでは手が足りなくなってきた、ということがあります。

     

     

    場所は笹尾東という、ネオポリスと呼ばれる団地街の一画です。ちなみに正式名称は「西桑名ネオポリス」で、ネオポリスというのは、大和ハウスグループが手掛けた団地に命名する呼称で、全国に30か所ほど存在します。

     

     

    1970年代、名古屋への通勤圏として造成されたニュータウンには、現在も1万2千人と町内人口の半分近くが居住しています。しかし、50年近く経過した今では、街並みも居住者も高齢化しているというわけです。

     

     

     

     

    空き家や、メンテナンスされずに朽ちている家、そうでなくとも、高齢者1人暮らしや、高齢夫婦のみの家庭が多くみられます。調子を崩して生活に困っても、相談できる場所が分からないという方も多いでしょう。私たちの患者さんにおいても、相当辛い状況になってから生活援助を開始する人が多くみられます。

     

     

    第二地域包括支援センターが新設された結果、町内にきめ細かく注意を配ることができるようになるのではないでしょうか。多いに期待したいところです。周りへの周知など、応援していきたいと思います。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM