<< マルチポジションベッド | main | 弾性ストッキング >>
2020.07.18 Saturday

足のむくみに弾性ストッキング

0

    在宅の患者さんには足のむくみに悩んでいる人がけっこういます。だるく感じるということもありますが、見た目が受け入れられないという訴える方も多いです。

     

     

    心臓が弱った結果、尿が十分に作られず体に水分が過剰に貯まってしまう・・、足の静脈が傷んで血液が足から胸へ戻りにくい・・、癌が足の付け根に転移してリンパの流れがふさがれてしまう・・など、理由は幾多にもあります。

     

     

    医療処置としては、尿を増やす利尿薬を投与することが多いですが、一般の人でも行えることとして、歩いて筋肉を鍛えること、リンパマッサージ、他に弾性包帯やストッキングで足を覆うというものがあります。

     

     

    今回は、特に「弾性包帯・ストッキング」について書いてみます。原理としては、適度な力で足の静脈を締め付けることで、静脈弁の働きを助け、加えて表面に枝分かれした小さい静脈へ血液が寄り道しないようにする結果、血液が重力に打ち勝って足から心臓へ戻りやすくなる、というものです。静脈瘤など、特に血管の異常が原因になっている場合は、かなり効果があるとされています。

     

     

    一方で、心不全や、癌の低栄養で足がむくむ場合、足だけでなく体中に水分が余っている状態。具体的には、肺やお腹に水がたまっていたり、顔もむくんでいたりします。弾性包帯で足のむくみはとれても、それは単に水分を体の方に移動させ、さらに負担をかけるだけなのかもしれません。なのでどこまで意味があるのかはっきり分かりません。それでも足が多少なりとも細くなった結果、満足されるのであれば、それでよいのかもしれませんが・・

     

     

    ちなみに先日、弾性包帯を希望された患者さんには、「Kチューブ」という商品をお勧めしました。医療機器ではないため保険適応もないのですが、その分、患者さんが自分で直接購入できるのがメリットです。Amazonなどの通販でポチッとすれば、翌日には届くため、すぐに利用開始できる手軽さです。

     

     

     

     

    正直、自分もよく理解できていない分野であります。文献や実践を通して、習得していきたいと思っています。

    コメント
    Kチューブ、いろいろな目的に使えますし、
    自在にアレンジできますし、便利ですよね。
    私も87歳の母(静脈瘤をストリッピング手術で治療しましたが
    年をとったせいで、また浮腫みが出てきました)にも愛用しております。
    さてKチューブは「医療機器ではないので保険適用もない」のは
    その通りですが、確定申告の際に購入代金を「医療費」に算入して
    控除申請できます。メーカーさんにも確認しました。
    少しでもユーザー様の負担軽減になればと思い投稿させていただきます。
    リンパレッツさん、コメントありがとうございます。なるほど、確定申告の医療費控除に含まれるのですね。良いことを教えていただきました。患者さんにさらに勧めやすくなります。
    • masashi
    • 2020.08.30 Sunday 15:14
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM