<< チョコレートと血圧 | main | 「国民宿舎 湯の山ロッジ」へ行ってきました >>
2020.03.24 Tuesday

腎生検の結果

0

    2月14日に腎生検を受けてから、はや1か月以上が経過。当初、3月9日に結果を聞きに行く予定でしたが、「結果が遅れている」という連絡があり延期。このほど、ようやく結果が出そろい、3月22日に聞いてきました。

     

     

    腎生検を受けたのは桑名市総合医療センターでしたが、担当の先生がいなべ総合病院の外来にも来られるので、こちらで結果説明。いなべ総合病院の電子カルテには結果が入っていないため、ご自分のノートパソコンにわざわざデータを用意して、説明くださいました。

     

     

    さて気になる結果は・・。腎臓の組織を蛍光染色したところ、やはりIgA抗体が光っているため、「IgA腎症で間違いない」ということでした。

     

     

     

     

    それは予想していたのでショックも何もありませんが、ではどれほど進行しているのか。つまりIgA抗体の沈着により、どれほど腎臓が傷んでいるのか・・。

     

     

    微小にスライスした組織を染色した図を見ると、ところどころ糸球体のメサンギウム領域が増大し、半月体が見られる部分も。これらは、腎臓の毛細血管や組織が壊れた結果と考えられ、確かにダメージは受けているようです。

     

     

     

     

    ただ「変化のある糸球体が全体の25%未満であること」、「尿に含まれる蛋白尿が少ないこと」からして、4段階ある中で最も軽度「低リスク群」との診断でした。

     

     

    「低リスク」といっても早期発見という意味であり、今後悪化していく可能性が十分にあります。IgA腎症とは、自分の中で産生されているIgAという抗体が、他の人と比べていびつな形をしているため腎臓に引っかかり、悪さをするというもの。さらに沈着すれば悪化するのは明らかで、そのスピードは速い可能性もあります。

     

     

    ちなみにIgA腎症の腎臓を他人に移植すると、IgAの沈着が消えるという報告があり、沈着したIgA抗体もゆっくり分解されていくそうです。よって、新たなIgA生成を減らすことができれば、改善もしくは悪化の食い止めができると考えられています。

     

     

    そしてIgA抗体の多くが口の奥にある扁桃腺から作られていると言われています。ということで扁桃を摘出するのが有効な治療法と考えられているわけです。(ただし、扁桃摘出療法はまだ歴史が浅く、本当に改善効果があるのかという正確なデータはありません。)

     

     

    初期段階ということで、「慌てて治療しなくてはいけない状態ではない」と言われましたが、まだ寿命は長いので、近いうちに扁桃摘出を受けることを勧めていただきました(正確には扁桃摘出+ステロイドパルス療法)。

     

     

    こちらとしてもできる限り早く治療をしておきたく、新年度に入って余裕ができれば扁桃腺の手術を受けようと思います。入院期間は7〜10日。ちなみに桑名市総合医療センターでは、耳鼻科の常勤医師がいないため、手術は近隣の病院で受けることになりそうです。

                                                                   

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM