<< メダカの産卵 | main | 腎生検の結果 >>
2020.03.23 Monday

チョコレートと血圧

0

    ある高血圧の患者さんが、勧めてくれたのがこちらのチョコレート。カカオが72%含まれたチョコで「血圧を下げる効果がある」と。黒い、いかにも渋そうなものでしたが、一口いただくと、渋さの中にほんのり甘みもあり、美味しいものでした。自分も歳を重ねたことを実感します。

     

     

    明治「チョコレート効果」と、バリバリ健康を意識した商品名。キャッチコピーも「健康を考えるチョコ」。

     

     

     

     

    チョコレートは、カカオマスに乳製品や糖分を加えて作られており、カカオのパーセンテージが高いほど苦いものとなります。このカカオにポリフェノールという物質がたくさん含まれているそうです。

     

     

    ポリフェノールは、小腸で吸収され、血液内に入ります。血管ではところどころ炎症が起こり、道が狭くなっているところがあるのですが、ポリフェノールはこの血管の炎症を軽減させる作用があるそうです。結果、血管が広がることで血液の流れが改善し、血圧が下がるというしくみです。

     


    「チョコレート摂取による健康機能に関する実証研究」によると、カカオ分72%のチョコレートを1日25g食べると、1ヶ月後に最高血圧・最低血圧ともに低下した結果が得られたということです。

     

     

    甘いチョコレートにもポリフェノールは含まれますが、割合が少ないため、たくさん食べなければなりません。効率的に摂取するには、カカオのパーセンテージの高い渋いチョコレートが適任なのですね。

     

     

    72%含有タイプの場合、1日で25g、つまり5片食べればよいようです。ただこれでも合計100kcalを超えるため、他の間食はやめるなど節制は必要です。血圧は下がったが糖尿病になってしまったでは、意味がありませんからね(糖尿病になると動脈硬化が進み、血圧が上がる)。

     

     

     

     

    チョコレートがここまで健康食品として考えられているとは知りませんでした。意識してときどき食べてみるのもよさそうですね。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM