<< 電子カルテとモバイルプリンター | main | メダカの産卵 >>
2020.03.21 Saturday

初めての往診で必要な情報

0

    先日の日下病院とのカンファレンスで、連携体制について確認をしました。お互いに在宅医療の中で患者さんからの往診依頼にも対応していますが、どちらかの医師に重要な用事がある際は、一方が全体の患者さんの呼び出しに対応することがあります。

     

     

    この場合、全く知らない患者さんを往診するわけですが、その場合、どのような情報を事前に共有しておくとよいか、と模索しています。

     

     

    名前や住所、そして病歴、薬の情報は当然必要でしょう。細かいところでは、駐車場の場所、建物のどこから入るか、などの情報も良いかもしれません。

     

     

    ただ今回の話し合いの中で特に重要と感じたのが、患者さんの状態が変化したときに、病院か家かどちらを望むのか(望みそうなのか)という情報です。

     

     

    患者さんの症状を改善すべく治療するのは当たり前ですが、在宅で完結できないことも多々あります。この場合、病院に運んで集中的医療を受けてもらうのか、そのまま家で診るのかを判断する必要があります。

     

     

    集中的医療でスパッと改善する見込みがあるなら病院、病院でも有効的な治療がなさそうなら家という基準はありますが、ここに本人や家族の意向が関わってきます。

     

     

    「どんな手を使っても延命してほしい」という家族であれば、病院へ搬送すべきですし、「どんな場合でも絶対に病院は嫌だ」という患者さんもいます。本人・家族が希望しない場所に移すと、後味の悪い在宅医療になってしまうので、これは避けたいところ。

     

     

    ただ、明確な意思を持っている人ばかりではありません。その場合、初めての往診の中で、十分に気持ちを確認できないことがあります。「あなた(医者)に任せます」と言われることも多いです。

     

     

    これに対して、診療を行っている担当医が「患者さんは以前『ずっと家がいい』と言っていたから、なにかあっても家でいいのではないか」とか「自分も明確に確認していないが、家族のあの細かい性格なら病院へ行かせた方がいいと思う」など、あらかじめ助言があると適切に誘導することができます。

     

     

    これについては、同じ医院内で複数の医師が勤務している場合も同様です。当院も複数医師で診療していますので、このあたりの情報共有を密にしていきたいと思っています。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM