<< 点滴棒のレンタル | main | 入院で腎生検 >>
2020.02.13 Thursday

高齢者人口の推移

0

    今度の講演で使おうと、厚労省発表の「高齢者人口の推移」について見直しています。

     

     

     

     

    何年も前から高齢者社会が来ると言われていましたが、65歳以上という定義でいうと、2020年の段階で、すでに山頂付近まで差し掛かっているのですね。厳密には、もうしばらくゆるやかに増え、2040年に3868万人でピークになると言われています。

     

     

    ただイマドキの60代の人はまだまだ若くて元気。本当に医療を必要とするようになるのは、75歳以上の人がメインです。この75歳以上の人口はまだまだ増え続け、2030年で頂上に差し掛かり、2055年に2041万人とピークを迎えると予測されています。

     

     

    よくよく考えると、自分が75歳になるのも、この2055年頃。そこまで生きているか分かりませんが、生きていたら周りに自分を含めて弱った高齢者がたくさんいて、病院にも簡単に入院できないかもしれません。

     

     

    逆に若い人はかなり少なくなっているはずで、老人ホームに入ったとしても、ヘルパーの人はごく少人数だと思われます。介護ロボットが登場しているのかもしれませんが、ちゃんと世話してもらえるのか不安に思います。

     

     

    日本の少子高齢化は顕著で、先を見通すたびにむなしくなってしまいます。これから、それを覆す解決法が現れてほしいな、と心から思ってしまいます。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM