<< 在宅介護の体験報告会 | main | 高齢者人口の推移 >>
2020.02.12 Wednesday

点滴棒のレンタル

0

    在宅医療の患者さんは、自宅でいろいろな福祉用具を利用しています。電動ベッド、マット、手すりなどが多いと思いますが、その中に点滴棒を利用する人がいます。

     

     

    在宅の患者さんは寝たきりの人が多いので、それほど頻度は多くないのですが、点滴や尿カテーテルなどの医療器具を利用している人が、屋内を歩きたい場合に必要とされます。

     

     

    点滴セットはもちろん、接続中の医療器具を棒につるし、車輪をすべらせるだけなので、歩行が格段に便利になります。足がふらつく場合は、しがみついて転倒防止にもなり、歩行器のような役回りにもなります。

     

     

    さて点滴棒は、介護保険のサービスでは購入・利用ができません。ただレンタルならば、実費でも1500円/月ほどと、それほど高くはなりません。ちなみに、ネットによると購入に1万円程度かかるようです。

     

     

     

     

    とても便利な点滴棒ですが、階段や段差の上り下りは難しいというデメリットがあります。そんな場合は、点滴バッグやルートを収納できるリュックサックも販売されており、そちらを利用するのがよいと思います。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM