<< うりぼうチャレンジ農園㉗「秋の収穫祭り」 | main | 過活動膀胱に「ベオーバ(ビベグロン)」 >>
2019.12.04 Wednesday

要介護認定までの期間

0

    先週末は、四日市で行われた「介護認定審査員・現任者研修会」にも行ってきました。

     

     

     

     

    月に1〜2回、市役所で要介護度を決める審査をしていますが、多くがコンピューターの一次判定通りに終わるため議論になることが少なく、細かいルールを忘れがちでありました。今回は、改めて確認する良い機会・・・でありましたが、急用があって前半で退出することに・・。

     

     

    後でテキストを読んで確認しましたが、中には興味深いトピックもありました。厚労省からの「要介護の申請から認定まで時間がかかりすぎている」という連絡です。介護保険法上、申請日から30日以内に認定されなければいけませんが、自治体ごとに統計をとると中央値が36日、50日以上かかっている自治体があったそうです。(平成23年と古い統計ですが、現状もあまり変わらないようです)。

     

     

     

     

    なぜこれだけ遅れるのかというと 、一番の原因は主治医意見書の提出が遅いことなのだそう。意見書を回収するまで、平均15〜20日もかかっており、各自治体も主治医への催促に苦労しているとのことでした。

     

     

    特に末期がん患者への認定を迅速に行うべきであるが、上記と同様30日ほどかかっているそうです。末期癌患者さんは、急に状態が変化するため、ある日突然、電動ベッドや低反発マット、介護サービスが必要になったりします。さらに介護が必要になってから1か月以内に亡くなってしまう人も多いので、当然ながら迅速に認定されるのが好ましいです。

     

     

     

     

    現状、認定まで平均30日かかるので、末期癌患者さんの申請者のうち、20%が認定を待たずに死去されているとのこと。確かに在宅医療の現場でも、介護認定が間に合わずに、自費でサービスを利用せざるを得ない患者さんもいます。末期癌患者さんだけでも、もう少し早く認定される流れが作られるといいですね。

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM