<< 暖冬での3歳6か月検診 | main | あしたば・緩和ケア講座 >>
2020.01.10 Friday

舌トレーニング

0

    ある施設では、入居者さんが積極的に「舌トレーニング」をしていると聞いて、先日見てきました。

     

     

     

     

    「舌トレーニング」とは文字通り、舌を鍛えるというものです。

     

     

    高齢になると嚥下機能が低下し、むせたりつかえたりすることが増えますが、この嚥下・摂食機能と舌の機能は密接に関係しています。舌には、食べ物を受け止め、喉に送りこむ役割がありますから、舌がしっかり動くということはとても大切なことなのです。

     

     

     

     

    このペコパンダという棒を口の中に入れて、舌で何度も押し上げるというもの。なんだか腕立て伏せみたいですね。

     

     

     

     

    実際にトレーニングの場面を見ましたが、みなさん嫌がることなく進んで取り組まれていました。また、ピロピロ笛を吹くトレーニングもありました。

     

     

     

     

     

    舌圧測定器なるものがあって、実際に舌圧(舌の力)が向上しているか確かめているとのこと。誤嚥予防、そして口から食事をとり続けることに対して、かなり良いトレーニングですねえ。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM