<< 企業型・確定拠出年金(DC) | main | 「魔法のぱん」の食パンを実食 >>
2019.06.07 Friday

にぎわいの森「魔法のぱん」の食パン

0

    開業から1か月近く経過しても、予想以上に賑わっている、いなべ市役所横「にぎわいの森」。中でも注目は、名古屋「ブーフレカンテ」の姉妹店である「魔法のぱん」です。先日も昼から行ってみると長蛇の列・・購入は叶いませんでした。

     

     

     

    そのパンの中でも、最も美味しいと評判なのが「食パン」です。名古屋のお店でも店頭に並ぶとすぐに完売し、予約さえ難しいという噂も・・

     

     

    さて、本日はたまたま業務に余裕があることに加え、雨がたっぷり降る、あいにくのお天気。「これならば!」と考え、お店に行ってみました。

     

     

    さあ、期待に胸を膨らませながら10時に到着したところ・・・残念ながらいつもと同じくらいの行列が・・。こんな日でも勢いは衰えないのですね。行列に並ぶも、ほとんど前へ進みません。その間、窓越しに見える店内のパンは、どんどん減っていきます。

     

     

     

     

    15分経過したところで、中から店員の人が出てきました。開口一番、「店内のパンはもうありません。最終17時半焼き上がりの食パンは、今から予約できます・・」。あまりに速い完売に驚くも、食パンが購入できることは確定し、悲しみ半分喜び半分。その場で食パンを手に入れるためには、9時開店の前には並んでいないと難しいのでしょうね。

     

     

    列の中には、名古屋や岐阜から来ている人も多くいたようで、「また17時半に来るのは無理無理」と、半数ほどの人が予約せずに帰って行きました。ちなみに後ろの川越町の方は出直してくるとのこと。

     

     

    確かに「にぎわいの森」で1日をつぶすことは難しいですよね。周りに名所も乏しいですし・・“あげき温泉”をもう少し整備して、1日居られる施設になれば、と思うのですが・・

     

     

    結局、「1人1斤のみ」ということで540円を支払い、番号札を受け取って帰ってきました。また17時半に出直してまいります。

     

     

     

     

    「こんな田舎にできて、すぐにつぶれるんじゃないかと思ったけど、そんな心配はなかったわ」と恨めしそうに帰った方がいました。本当に、この繁盛ぶりはいつまで続くのでしょうか・・。

     

     

    さあ肝心の「もちふわ食パン」はどんな味がするのでしょう・・後日レポートいたします。

    (実食の記事はこちら

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM