<< 福王山参道ヒルクライム「天狗坂上がり」 | main | 員弁町平古「お好み焼き・鉄板焼き つどい」 >>
2019.05.21 Tuesday

新登場! 大塚製薬「イノラス配合経腸用液」

0

    先日、大塚製薬のMRが、新商品の宣伝に来られました。その名は「イノラス配合経腸用液」。高濃度の栄養が含まれた飲料で、医師が処方する薬品という位置づけになります。

     

     

     

     

    ”高濃度栄養剤”としては、同じ大塚製薬の「ラコールNF配合経腸用液」が有名ですが、新製品「イノラス」は、それよりもさらに高濃度。同じ量で比較して、ラコールより1.6倍カロリーが含まれています。

     

     

    一つのパッケージに187.5ml含まれているので、これで300kcal。熱量以外の栄養素もうまく考えられていて、3パック飲めば、1日に必要とされる栄養素が摂れる設計。ラコールには含まれていなかった、微量元素”カルニチン”、”コリン”なども含まれているとのことです。

     

     

    結果、従来のラコールよりも、少ない液体量でたくさんの栄養を摂ることが可能となります。体が小さかったり、食欲が低下した患者さんにとって、”少ない量でたくさんの栄養を摂取できる”ということは、かなりのメリットになります。

     

     

    一方で、”濃い”液体というものは、味や食感がイマイチであることが多いです。いくら栄養が摂れるといっても、飲むことが苦痛であれば、意味がありません。実際、従来の製品を試して「無理!受け付けない!」と言う人が何人もいました。

     

     

     

     

    その点を確認すべく、試飲をしてみました。”ヨーグルト味”と”リンゴ味”ともにいただきましたが、感想は、どちらも風味が強すぎることなく、甘い豆乳のような印象を持ちました。不味いということは決してなく、抵抗感なく飲むことができました。いくらでも飲めそうな感じがしましたが、一般人が飲むと太るので、ほどほどにしておきました。

     

     

    ということで、これまで“ラコール”、“エンシュア”が有名であった、”高濃度栄養剤”という土俵に、「イノラス配合経腸用液」が加わることとなりました。患者さんも無理なく受け入れてくれるのではないかと思います。6月6日発売とのことで、早速試していきます。

     

     

    追記:2020年9月に、新しい味「イチゴ味」「コーヒー味」が登場しました。

    記事はこちらイノラス配合経腸用液に「コーヒー味」「イチゴ味」登場!」

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM