<< ちょっとよりみち | main | A4の処方箋 >>
2019.02.12 Tuesday

とろみの自動販売機

0

    当院のスタッフが新聞の切り抜きを持ってきてくれました。週末の朝日新聞の記事だそうです。

     

     

    「飲料にとろみ 自販機が登場」

     

     

     

    という記事です。在宅患者さんもよく利用する、栄養食品製造の「ニュートリー」という会社。実は本社は四日市なのですが、とろみをつけられる自販機を開発したというニュースです。

     

     

    カップ式飲料の自動販売機で、各飲料のボタン以外に、「とろみボタン」があって、これを押すと飲料にとろみをつけることができます。またトロミの濃さまで調整できるとのこと。2021年までに、病院や老人ホーム対象に2万台を設置する方向だそうです。

     

     

    一般の人がトロミ飲料を必要とすることは滅多にありませんが、高齢者や病気の方で必要としている人はたくさんいます。ふつうの水を飲むとむせこみ、誤嚥性肺炎になりやすいのです。

     

     

    実際、病院や老人ホームでは、多くの方がトロミ付きの飲料を利用しています。それはオーダーメードで、患者さん毎に「トロミが必要か?」、そして「濃さはどれくらいか?」が厳密に決まっているほどです。

     

     

    ただ飲料にトロミを付けるためには、「トロミ剤の粉を混ぜて、1〜2分かきまぜる」という動作が必要となり(「トロミの粉」と「ゼリーの粉」の違いについて考えてみました)、作る方からするとかなりの手間になっていることも確かです。

     

     

    この点、機械がトロミ付けをやってくれるというのは、介護の現場からすると大助かりかと思います。施設で人材が不足している時代、将来はAIやロボットに頼らなければ、という話もありますが、ある意味でその一歩かもしれませんね。

    コメント
    高齢社会に優しい自動販売機ですね。とろみ粉を入れ、まぜるタイミングを間違えるとダマになってしまいますが、これならおいしい飲み物が飲めそうです。
    • フク
    • 2019.02.13 Wednesday 16:34
    そうなんです。人がまぜるとダマになって案外難しいですよね。機械がやってくれるほうがうまくできそうですし、便利ですね。
    • masashi
    • 2019.02.24 Sunday 10:47
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM