<< 風疹の抗体検査 | main | 鈴鹿山麓かもしかマラソン2018 >>
2018.10.20 Saturday

四日市の歯科診療所ひまわり「遊ぼう祭」

0

    本日は、日ごろからお世話になっている「歯科診療所ひまわり」(四日市山分町)主催のイベント、「遊ぼう祭」へ参加してきました。

     

     

     

     

    「遊ぼう祭」は「あそ“ぼうさい”」と読み、「防災」がメインテーマとなっています。昨年の勉強会(こちら)もそうでしたが、歯科診療所ひまわりは、以前から住民の方に防災意識を深めてもらおうと活動をされています。

     

     

    災害後に避難所で過ごす際には、口の中もきれいにしないと肺炎など病気になってしまう・・・。

    災害時の口腔ケアの大切さは少しずつ知られるところになってきましたが、単なる歯科に限らない防災全般について、楽しみながら勉強できるイベントでした。

     

     

    まずはじめに、あさけプラザのホールで、井上博院長の講演が。自分はその終盤から参加しましたが、親子連れの観衆が、満員に近いほど集まり、耳を傾けていました。

     

     

    その後、皆が同じ敷地内の体育館へ移動。そこには、大きなエアスライダーや、ピンボールなど、子供が遊べる遊具が設置してあるとともに、防災について学習できる各ブースが用意されていました。

     

     

     

     

    非常食を味わう、新聞紙で草履を作る、自分の情報を入れたプラバンを作る・・など8つのブースがあり、全体でスタンプラリーにもなっていました。各ブースでお菓子などがもらえ、スタンプラリーでも景品がもらえる様式。子供たちが楽しそうに取り組んでいました。

     

     

    井上院長が、CTYにインタビューされていました。

     

     

    海抜別に色分けされた地図の中で、自宅にシールを貼って、津波を意識してもらうコーナーもありました。これは水害について考えるよいきっかけになりますね。ちなみにいなべ市の地図はありませんでした・・まあ、津波の心配はないでしょうね・・

     

     

     

     

    体育館でのイベントでも、途中で帰る人がほとんどなく、大盛況。というのも、最後に再びホールに戻って、豪華景品が当たるビンゴ大会があったのです。

     

     

     

     

    ニンテンドースイッチ、ダイソンの掃除機・・・、めちゃくちゃ豪華な景品が用意されていました。当院も協力という形で、どんぐり賞と名付けて商品を提供させていただいたのですが、安っぽい商品で恐縮でした・・。

     

     

     

     

    歯科診療所ひまわりでは、毎年、院内で“夏祭り“を開催していたそうですが、さらに規模を大きくして、あさけプラザでの初開催。誰もが楽しみながら学べるイベントは、大盛り上がりで大成功のようでした。子供たちが、たくさんのおかしや景品を持って、嬉しそうに帰っていくのが印象的でした。

     

     

    お世話になっている患者さんへの感謝の気持ちを、こんな行動で示しているのは素晴らしい。そして、「イベントというのは、こういうふうにやるんだなあ」と、こちらも傍らで勉強させていただいたのでした。

     

     

     

    追伸:あんなに大きかったエアスライダーも空気を抜くとここまで小さくなります。この布と、電動エアポンプを借りてくれば、意外に簡単に設置できるんですねー。

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM