<< いなべ市 1歳6か月検診 | main | 四日市の歯科診療所ひまわり「遊ぼう祭」 >>
2018.10.19 Friday

風疹の抗体検査

0

    先日、いなべ総合病院で外来診療をしていたところ、30代の女性が、「妊娠を考えているので、風疹の抗体を検査したい」と来られました。

     

     

    最近、ニュースで毎日取り上げられているので、皆さんご存知かと思いますが、今年は風疹患者がすでに1000人を超え、5年ぶりの大流行となっています。

     

     

    風疹はいわゆる“三日はしか”のことで、体内に風疹ウイルスが感染することにより、発熱、発疹などの症状が現れます。

     

    基本的には時間が経過すれば治るのですが、怖いのは妊婦さんが感染した場合。特に妊娠初期の女性が風疹にかかると、生まれた子どもに心臓病や難聴、白内障などの障害が出て、長く生きられないことがあるのです。

     

     

    現在発症している人は30〜50代が多くなっています。これは、これらの世代が子供の時代に、予防接種がしっかり確立されておらず、また予防接種したとしても1回だけであったからです。実際、ワクチンを1回うっただけでは抗体の定着率は95%と完璧ではなく、2回接種して99%となるのです。

     

     

    それより若い年代は、子供時代に予防接種2回が確立され、逆に高齢者では予防接種のしくみがなかったため、ほぼ全員が子供時代に風疹にかかって、十分に抗体を持っていると考えられています。

     

     

    今回、外来に受診された方は、このような用紙を持ってこられました。三重県だけでなく、ほぼ全ての自治体では、妊娠を希望する人の風疹抗体検査は無料で行うことができることになっています。

     

     

     

     

    また免疫がない可能性がある"30〜50代"の男性も検査も無料にしようとしている自治体も出てきています。

     

     

    やはり妊婦に関わる全ての人の風疹発症を防ぐことが大切です。そのために、免疫がない可能性のある世代の人たちがしっかりと検査・ワクチン接種すべきであり、補助が出るのは素晴らしいことだと思います。

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM