<< 腎瘻カテーテルの交換 | main | ネオステージ北勢 >>
2018.09.06 Thursday

いなべ市 3歳6か月検診

0

    本日は、いなべ市の「3歳6か月検診」で体の診察を担当するため、大安町福祉センターへ行ってきました。

     

     

     

    母子保健法第12条に定められた「3〜4歳の幼児」を対象とする検診です。同様に「1歳6か月検診」もあり、そちらも来月担当することが決まっています。

     

     

     

     

    さて、今年の「3歳6か月検診」の対象者は、いなべ市全体で350人。これを、いなべ医師会の医師12人で分担しながら、4月から3月まで15回に分けて行われます。

     

     

     

     

    初めての経験ですし、小児診察自体に慣れていないため、事前にマニュアルをしっかり読んでおきます。

    13:30〜15:00で26人を診察するため、1人3分程度しかないのです。

     

     

     

     

    そうこうしているうちに、身体測定、知能検査などを終えた子供たちが、診察室へ入室してきます。

     

     

     

     

    気合を入れて、ぎこちないながらも問診票の確認、名前・年齢の質問、そして全体の診察を行っていきます。特に、この年代に多い「そけいヘルニア」「停留睾丸」の有無についても診ていきます。

     

     

    ちなみに問診票には、既往歴や、治療中の疾患が書かれているため、元からある病気はすぐに把握できます。結果的に、今回の検診で、新しい病気・異常が見つかるケースはありませんでした。

     

     

    急に泣き出したり、必死に抵抗する子もいましたが、この年齢では多くの子たちが診察に協力的です。結局、慣れてくると流れ作業のようになり、検診を終えたのが予定通りの15時でした。

     

     

    子供たちは内科の診察が終わると、隣の歯科の診察へ。とまと歯科の渡部先生が担当されていました。

     

     

     

     

    問診票は、眼科や耳鼻科の先生も目を通すそうです。看護師の付き添いや、保健師の事前聞き取りも行われるなど、1回毎の検診が大掛かりで、「市の準備も大変だなあ」と思いました。

     

     

    次回「1歳6か月検診」は、10月18日に担当させてもらいます。そちらの方が、泣く子も多かったり、大変でしょうね。心して臨みます。

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM