<< 訪問理容への補助 | main | 20年ぶりに新薬「ネイリンカプセル」登場! 爪水虫 >>
2018.07.11 Wednesday

足白癬(水虫)の治し方

0

     

     

     

    先週、薬会社主催の「水虫(白癬)」の勉強会へ出席してきました。

     

    国民の2割は持病に持っているという水虫。それほどかかっている人は多いのに、内臓の病気に比べて軽くみられ、治療が後回しになりがちです。在宅医療の現場でも水虫の方はたくさんおり、今回は、しっかり水虫について勉強する良い機会となりました。

     

     

     

     

     

     

    「水虫(白癬)」・・詳しく言うと、「白癬菌」という真菌が、皮膚の最も外側「角層」に寄生した状態です。角層にあるケラチンを食べながら生活しているようで、逆に体の内側や血液の中では生きられないそうです。

     

     

    さて、水虫になるきっかけとして最も多いのが、他人から移るというものです。

     

    かかりやすい人は・・(倍率はオッズ比)

    高齢者(10歳上がるごとに) 1.25倍
    糖尿病 1.28倍
    靴を8時間以上履く 1.43倍
    男性 1.5倍
    家族に真菌症にかかった人がいる 22倍

     

     

    ということで、家族に水虫の人がいると、感染確率が約20倍に跳ね上がります!

     

     

    その家の床やマットには水虫が付着しており、しっかり拭き取らずに靴下を履くと感染する可能性があります。同様に、銭湯では100%、水虫菌が付着してしまうとか。

     

     

    確かに訪問している施設でも、全く水虫の患者さんがいない所もあれば、いる場合は10人が集団感染しているなど、2極化の傾向がみられます。

     

     

     

    患者さん側からみると、「痒い」などの症状がもちろんありますし、家族に移す危険性があるため、しっかり治療する必要があります。

     

     

    足に発生した水虫を治すために、薬を塗るわけですが、ポイントは、指の間がかゆいだけでも、「白癬菌はそれ以外・・足の裏や踵など広範囲に付着している」ということ。

     

     

    この範囲もしっかり薬を塗らないと、痒い部分が治っても他から白癬菌が移ってくるので、すぐ再発してしまいます。塗り薬を塗るときは、足の裏から踵まで広範囲に塗る必要があるのです。

     

     

     

     

    本日はここまで。明日はさらにやっかいな爪水虫について話します。

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM