<< 木曜日はベーグル! 小さなパン屋 teto | main | 血液でスピードチェック >>
2018.07.06 Friday

ペルー料理「MUCHIK〜ムチク〜」

0

     

     

    昨年秋に閉店した「寿司工房・加賀屋」・・

     

    東員町穴太のその跡地に、6月15日、「MUCHIK〜ムチク〜」というペルー料理店がオープンしました。開店前から気になっていましたが、ようやく今晩、初入店してきました。

     

     

    着いてみると、こんな大雨にも関わらず、自分が停めると満車状態。なかなか流行っているのでしょうか。

     

     

    階段を昇って2階の店舗に入ります。中はきれいに改装されており、テーブルや壁もペルーらしい装飾が。そして、外国人の店主が、少したどたどしい日本語で出迎えてくれました。

     

     

     

     

    入口からみて右側の大テーブルには、10人以上の外国人の方が着席し、盛り上がっていました。左側のスペースには日本人のお客さんも。きれいで広々とした良い雰囲気です。

     

     

    看板に「バイキング」と書いてあったので、そんな心づもりで入店したわけですが、実際はバイキングは昼間にやっているのだそう。ディナーは、アラカルト4品から選ぶ方式です。

     

     

     

     

    その4品はどれも気にはなりましたが、写真が小さいので全貌がよく分かりません。今回は「ロモ・サルタド」という、”野菜と牛肉をワインビネガーと醤油で炒めた料理”をオーダーしてみました。そして、飲み物に金色のコーラこと、「インカコーラ」を選択。

     

     

    その後、料理を待っていると、サービスと称して、「カンチャ・セラナ」というペルーの揚げトウモロコシ、そっして「パッションフルーツジュース」が運ばれてきました。

     

     

     

     

    しかし、カンチャ・セラナが食べだすと止まらない美味しさ。食べ終わってから、「ライスに載せて食べるとより美味しい」と知り、後悔しました。

     

     

    さて、メインの「ロモ・サルタド」の登場です。ライスもついて、それなりのボリューム。肉や野菜はややクセのある風味ですが、次第に慣れてきて、ライスともよく合います。

     

     

     

     

    そして、インカコーラは、コーラというよりは、メロンソーダのような甘ったるい風味でしたが・・それも料理に合うんですよね。

     


    食べ終えて、レジでお会計。「どうでしたか?」という店主より話しかけられ、「美味しかったです」と答え、店を後にしました。

     

     

    お土産に、バッジのような”栓抜き”をいただきました

     

     

    残りのアラカルトも、昼のバイキングも気になります。再訪しなくてはいけません。

     

    しかし東員町のペルー料理店はここだけではありません。また、そちらもレポートしたいと思いますが、決して大きくない町にペルー料理店が2店あるというのは、東員町はペルーに愛された町なのかもしれませんね。

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM