<< ネキシウムの脱カプセル | main | シャルマン >>
2018.06.07 Thursday

コガネキヌカラカサタケ

0

    今週の月曜日、診療所へ出勤すると観葉植物の鉢植えにキノコが生えていました。週末には無かったはずなので、この2日くらいで急に成長したことになります。その後も放置していると、火曜日の朝には傘が開いていました。

     

     

     

     

     

    「さらに大きくなるのか?」とワクワク期待しましたが、同じ日の夕方には元気がなくなり・・水曜日の夕方には完全にしおれていました。急に成長し、急に衰退する・・短くはかない一生でした・・。

     

     

     

     

    さて、このキノコ・・なんという名前で、どうやって院内へ入ってきたのでしょうか?

    ネットで調べるとすぐに答えが見つかりました。観葉植物に生えるキノコで、「コガネキヌカラカサタケ」というそうです。

     

     

    沖縄・九州など主に南国で生息しているそうですが、園芸用の土に混在して、全国にたどり着きます。そして気温や湿度が高くなったこの季節に成長するようです。

     

     

    そして、個人的に最も気になるのが、「食べられるのか?」ということ。調べたところでは「少し毒性があるが、美味しい」ということでした。他の人のブログでも、食して「おいしい!!」と言っている人がおり、食後も特に副作用はなかったということ。少し食べたくなりましたが、まあ・・仕事で管理者もしており、念のためやめておきました・・。

     

     

    土の入れ替えをしない限り、もうこのキノコには会えないのでしょうか。「ひと時の出会いだったなあ・・」としみじみしていましたが、翌朝にはまた新しい黄色いキノコが生えていました。しばらく鉢植えから目が離せません!

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM