<< UQモバイルのSIMカード | main | 午後12時 >>
2020.11.20 Friday

オキシコンチンが慢性疼痛治療に適用

0

    先日は、塩野義製薬さんから「オキシコンチン®」という薬(錠剤)について説明がありました。こちらは、オピオイドと呼ばれる、いわゆる医療用の麻薬。オピオイドにもいろいろな種類がありますが、基本的には癌の痛みを緩和するために用いられてきました。

     

     

     

     

    しかし当たり前ですが、痛みが出るのは癌だけではありません。癌でなくても強い痛みを感じる病気や状態があり、普通の痛み止めでは十分に効かず、楽にならない・・そんな患者さんがいます。たとえば、心筋梗塞の痛みや、足の血管が詰まって壊死が起こっていたり・・・膝の関節症でも、強い痛みはありえます。そんなとき、癌でない病気に対しても、医療用の麻薬を使いたいと思うときがあるのです。

     

     

    最近になって、癌ではない病気(非癌)にも医療用麻薬を使用されることが認められつつありますが、それでもたくさんある医療用麻薬の中でも「モルヒネ塩酸塩」「フェントステープ」など、わずかの薬に限られていました。

     

     

    しかし、この2020年10月より、このオキシコンチン®も非癌の痛みに使用することが認められたというのが今回の話題。医療用麻薬にも性格に差があるので、使える種類が増えることは歓迎すべきことです。

     

     

    ただ麻薬といえば、依存により乱用されたり、取引されたりなど、不適切に扱われる可能性があります。そうならないよう、非癌への処方には、厳しいルールがあります。

     

     

    まず他の痛み止めを試したうえで効果が十分でないことを確認したうえで処方するのは当然。始める際は小容量で開始のうえ、10mg〜60mg/日で調整し、診察のたびに「中止できないだろうか」と検討するべきとのこと。レスキューとして頓服で用いることは厳禁。そして処方する際は同じ量でも毎回確認書を記入し、患者さんを通して薬局に手渡す必要があります。

     

     

     

     

    加えて、非癌に対して処方資格を得るために、eラーニングを受ける必要がありますが、これが大変。今、ちょうど受けているところですが、計1時間ほどの動画を見て、多数の問題を全問正解しないと終了できないようになっています。「気軽に処方してはいけない」という原則を心に留めながら、しっかり吟味して使用していきたいと思っています。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM