<< ステロイドパルス第2弾 | main | 員弁町のお好み焼き「輪(RIN)」 >>
2020.09.14 Monday

イノラス配合経腸用液に「コーヒー味」「イチゴ味」登場!

0

    先日は、あの「イノラス配合経腸用液」に新しい味が出たということで、製造元の大塚製薬の社員さんが案内に来てくれました(以前の記事はこちら)。これまでのリンゴ味、ヨーグルト味に加えて、イチゴ味コーヒー味が登場です。

     

     

     

     

    同じ大塚製薬の「ラコールNF配合経腸用液」(1mlあたり1kcal)に比べて、187.5mlで300kcalと高濃度で、さらに“カルニチン”、“セレン”などの微量元素も加えられた「イノラス配合経腸用液」は2019年6月に発売されました。

     

     

    前回のブログでも話したように、濃さを感じさせない味付けがされており、リンゴ味・ヨーグルト時は意外にスッキリした味なのでした。

     

     

    さて、新しいイチゴ味コーヒー味はどうでしょうか・・実際に飲んでみると・・・、こちらも濃すぎる感じはなく、サラッと飲むことができ、十分に美味しいものでした。

     

     

    左:イチゴ味を入れているとこと  右:カップにはコーヒー味が入っています

     

     

    これまで大塚製薬の経口栄養剤は「ラコールNF配合経腸用液」のみでしたが、既にラコールを気に入っている方が、イノラスを試してみようとするケースはまだ多くないとのこと。

     

     

    一つの理由が、イノラスの味が“リンゴ”、“ヨーグルト”と今までにない味であったため、試してみようという気持ちになりにくかったこと。そこで今回、ラコールで一番人気のコーヒー味、さらに他の製剤でもおなじみのイチゴ味が、イノラスで再現されました。

     

     

    少ない量でしっかり栄養補給したい人にとって、この高濃度製品は大変ありがたいですし、濃いからといってラコールと比べて下痢が多いというデータはないようです。

     

     

    現状、経口栄養剤の業界では、アボット社の「エンシュア」が約6割のシェアを占めており、そのエンシュアもいろいろな味を出すなど、両社とも努力を続けています。

     

     

    製品ごとに多少の差はあれど、どれも高レベルにまとまっています。結局は「味で決める」というのも一つの考え方かもしれません。そういう面でも、今回のイノラス「コーヒー味」「イチゴ味」を多くの人に試してもらいたいと思います。

     

     

     

     

     

    ちなみに薬価はこのようになっています

     イノラス(187.5ml/300kcal):294円   (高齢者など1割負担で29円)

     ラコール(200ml/200kcal) :140円 (1割負担で14円)

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM