2020.11.23 Monday

「nord(ノール)」でランチ

0

    昨日、「山の下のパン屋」さんへ行く前に、当院の職員と、阿下喜にある「nord(ノール)」でランチをいただきました(ディナーの記事はこちら)。大人気ということで、意気込んで11時過ぎに行くと、「オープンは12時から」ということで入れませんでしたが、名簿に書き込んで席の予約をすることができました。

     

     

     

     

    気を取り直して12時に出直すと、たくさんの車が停まっており、すでに待ちが出ているようでした。そんな中、リザーブされた席へ悠々と着席です。明るい光の中、木の温もりを感じることができ、大きな窓からの景色もなかなかのもの。ディナーのときとは雰囲気が全く違います。

     

     

     

     

    Aランチ「愛媛県産 真鯛のグリル〜甘エビのソース〜」(1350円)、Bランチ「山東菜のクリームパスタ」(1200円)を選ぶ方式。

     

     

    自分はAランチを食べましたが、前菜のシーザーサラダは、八風農園の野菜にパリパリのレンコン揚げや、半熟卵が添えられ、とても美味しくいただきました。

     

     

     

     

    そしてメインである「真鯛のグリル」は、濃厚なソースに確かにエビの風味がしっかり感じられ、抜群の相性でした。

     

     

     

     

    職員が食べたBランチもとても美味しかったそう。けっこうなボリュームでお腹がいっぱいになり、デザートは頼まずに、ごちそうさまとなりました。

     

     

     

     

    レジの前には八風農園の野菜や、フライベッカーサヤのパンが並んでいて、いくつか購入。

     

     

     

     

    また、12月24日にテイクアウトできるクリスマスボックスというのもあるそうで、診療所のみんなで食べようと予約しました。当日が楽しみです。

     

     

     

     

     

    ランチの満足感が一段と高いお店。12時前に来て予約し、桐林館や岩田商店などでブラブラしてから入店するのがおススメです。

    2020.11.22 Sunday

    「山の下のパン屋」さんへ行ってきました

    0

      本日は、いなべ市に「山の下のパン屋」というお店がオープンすると聞いて、昼過ぎに行ってきました。といってもこちらのお店、以前紹介した北勢町新町「マイハウス」内に新設されたお店(以前の記事はこちら)。マイハウスの中に、新しくパンコーナーができたのです。

       

       

       

       

      相変わらずの険しい道のりを経て、到着してみると、マイハウスの前にお祝いの花がたくさん飾ってありました。そしていつものように、鳥や犬などの動物たちが迎えてくれます。

       

       

       

       

       

      中へ入ると、棚が新しく設置され、たくさんのパンと自家製ソーセージが並んでいました。中でも「パン・ペイザン」という巨大なパンが一際の存在感を放っています。ネットで調べたところ、「農夫のパン」という意味で、水分をたっぷり含め、高温で焼いて作るパンだそうです。

       

       

       

       

      他にもドライフルーツやナッツが織り込まれたパン菓子「シュトレン」や、メレンゲを焼いた「ムランダ」といった、おやつ系のパンがありました。

       

       

       

       

      これらのパンはもちろんテイクアウトできますが、その場で「山肉ソーセージとパン・ペイザンのプレート」というセットをイートインできるということで、食べていくことに。

       

       

       

       

      ソーセージは肉汁があふれんばかりで、それでいてクセもなく、とても食べやすいものでした。つけあわせのピクルスもいい味!。そして、「パン・ペイザン」は見た目とは裏腹に、とても軟らかく優しい味。これならいくらでも食べられそうです。

       

       

      絶えずお客さんが立ち替わり入ってきて、パンを買っていく盛況ぶり。とても難しい場所にありますが、いなべ市の名物店として、かなり知られるところとなっているようです。

       

       

       

       

      鹿のシチューなど、山の食材を活かした料理をいただけるお店ですが、ここに美味しいパンも加わりました。周りの自然も含めて、さらに魅力的な場所になったように思います。

       

       

      お土産に購入した、シュトレンとムランダ

       

       

      山の下のパン屋

      いなべ市北勢町新町1333

      営業時間:日・火 11:00〜17:00

      2020.11.18 Wednesday

      鶴田珈琲のアイスクリーム

      0

        本日は仕事中に時間が空いたので、久しぶりに東員町の鶴田珈琲で休憩を。それにしても、今日は午後からぐっと気温が上がり暑いくらい。「ホットではなくアイスコーヒーでもいいな」と思いながら席に座ると、テーブルにこちらの案内が!

         

         

         

         

        純粋にコーヒーで勝負している鶴田珈琲に、スイーツ系の新メニューが登場するとは少し意外でしたが、「これはいい!」とすぐに注文することに。マスターにおススメを聞くと、“かぼちゃ”、“ココナッツ”、“あおりんご”がよく出るとのことです。

         

         

        ということで、“かぼちゃ”と“ココナッツ”をオーダーすると、思った以上に豪華なアイスクリームが運ばれてきました。

         

         

         

         

        実際の実をくり抜いた中に、詰められたアイスクリーム。味は非常に濃厚で、冷たすぎることもなく、とても美味しいものでした。ホットコーヒーとの相性も全く悪くありません。

         

         

         

         

        このアイスクリームなら真冬でも楽しめそうですが、今週は暑い日が続くそうなので、この機会にぜひおススメです。

        2020.11.14 Saturday

        カフェレスト「白馬」の名物オケマンマ

        0

          本日は、東員町のカフェレスト「白馬」に行ってきました。

           

           

          以前はモーニングを紹介しましたが(記事はこちら)、こちらの名物に「バンブー焼きそば」なるものがあると聞いたことがあり、いつか食べたいと思っていました。しかし近頃、前を通ると「名物オケマンマ」というのぼりが。あまり美味しそうに思えない名前ですが、こちらも大いに気になります。

           

           

           

           

          そして今日は、ちょうどよい時間に通りかかったので、ランチを食べて帰ることに。13あるランチメニューに「バンブー焼きそば」も「オケマンマ」もバッチリありました。迷いましたが、今回は想像がつかない「オケマンマ」を選んでみました。

           

           

           

           

          しばらくしてでてきたのがこちら。「しっかり混ぜた方がおいしいですよ」とおかみさん。

           

           

           

           

          桶にはたっぷりのノリがかかっているので、中に何が入っているのかよく分かりません。ノリをかきわけてみると、にくそぼろと目玉焼き、紅しょうがを確認できました。

           

           

           

           

          言われた通り、しっかり混ぜるとこんな感じに。

           

           

           

          そして口に含むと、卵の甘い風味、肉のうま味、しょうがのアクセントと、なかなか良いバランス。決して見た目はよくありませんが、かなり美味しかったです。ネットで調べると、「オケマンマ」は「バンブー焼きそば」よりも昔からある名物だそうです。今度はバンブー焼きそばも食べてみたい。

           

           

           

           

          独自メニューのあるお店は魅力的にうつりますね。ちなみに11月22日(日)にテレビに映るようです。

          2020.11.08 Sunday

          コロナ後の「松太郎としい太郎」

          0

            この週末、久しぶりに菰野町「農家れすとらん 松太郎としい太郎」へ行ってみました。こちらのお店、以前の記事でかなりおススメしましたが、結局、コロナ感染がやや落ち着いても、テイクアウトをメインとする業態は変わっておりません。

             

             

             

             

            以前のようにテーブルに座って注文し、できたての料理が運ばれてくるのではなく、朝のうちに仕込んだお弁当がテーブルにたくさん並び、それを手に取るという方式。松太郎弁当、彩弁当、薬膳カレー弁当がありましたが、牛丼や、ペペロンチーノはなく、メニューは制限されています。

             

             

             

             

            一応、お店で食べて帰ることもでき、お茶も用意されています。ただ電子レンジはないので、お弁当が少し冷たい・・・ですが、やっぱり今回の松太郎弁当(600円)もかなりのクオリティーで、冷たくても他所の弁当よりも美味しい、というのが素直な感想です。松太郎の入った味ご飯だけでなく、一品一品のレベルが高い。イベントなどの弁当にもぴったりかと・・。

             

             

             

             

             

            一緒に注文した松太郎スープ(180円)もいただいて、ほどよく体が暖かくなりました。こちらも、キノコの風味を存分に味わえる美味しさ。尼信インターの2人がテレビ番組でやってきて、このスープを絶賛したらしいですが、それもなんとなく分かります。

             

             

             

             

            店内で食べているのは自分だけでしたが、テイクアウト目的で入ってくるお客さんもポツポツと。コロナで元気が無くなっているかなと思いましたが、それはそれで地道に努力を続けられているようでした。まだまだ感染対策が必要ですし、人件費削減のためにも、このような業態が普通になっていくのかもしれません。

            Calendar
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << November 2020 >>
             
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM