2018.09.09 Sunday

イオンシネマ「健康フェスティバル」

0

    本日は「イオンシネマ健康フェスティバル」へ行ってきました。イオン東員の映画館内で、午前11時より「市民公開講座」が開催されたのです。

     

     

     

     

    「イオンシネマ」「中外製薬」が主体となり、これに市役所や医師会が協賛に加わるという形。最近、全国のイオンシネマで、この形式で開催されています。

     

     

    中外製薬は腎臓領域の薬を扱っていることもあり、今日もテーマは「腎臓」でした。

     

     

    配布資料。中外製薬は腎臓に力を入れています

     

     

    さあ、中に入ってみると約180席のスクリーンは満席の状態。事前に、チラシに付いたハガキで申し込むスタイルなのですが、290人の応募があり先着順になったとのこと。確かにイベントの後は、買い物をして帰ることができますし、イオンシネマ開催は集客力があります。

     

     

    本編は、3人の先生が、腎臓について分かりやすいレクチャーをしてくれました。「腎臓の悪化→透析」という流れを予防する重要性、その方法を、一般の方にも知ってもらえたのではないでしょうか。

     

     


     

     

    自分もかなりの学びがあったので、メモをしておきます。

     

    • 腎臓の主な働きは、体に不要な、水分・塩分・毒素・ミネラル(主にカリウム)を排泄することである。

     

    • 腎臓の悪化を予防するには、血糖コントロール、血圧コントロール、減塩、悪化した際の適切な薬、が必要である。

     

    • 腎臓機能の指標として、「eGFR」「尿中アルブミン」がある。eGFRは血液検査、尿中アルブミンは検尿で判明する。実際に腎臓に負担があっても、eGFRはなかなか数字が下がらないが、尿中アルブミンは逐次上昇していくため、後者の方が指標としての役割が高い。

     

    • eGFRは0〜100という範囲となり、腎臓の機能が○○%残されているとみなすことができる。歳をとると低下するのは自然で、(100-年齢)のeGFRがあれば、死ぬまでに透析を受ける可能性は低い

     

    • 現在、透析患者は32万人。原因の43.2%は糖尿病による腎臓悪化、そして14.2%が高血圧による腎臓悪化である(腎硬化症)。これまで第2位であった、慢性糸球体腎炎の割合は低下しており、近々、腎硬化症と入れ替わりそう。

     

    • 統計上、日本人の塩分摂取量は徐々に減少している。少しずつ減塩やダイエットなどの意識が強くなっているからと考えられる。それでも、目標値の、男性8g・女性7gには、2gほどオーバーしている。

     

    • たとえば食パンには1gの塩分が含まれているので、ごはん(無塩)に替えるだけで、塩分摂取を1g減らすことができる。またうどんの場合は、麺の塩分が0.8gなのに対し、汁に5gも含まれているため、つゆは飲まない方がよい。

     


     

     

    腎臓の基礎的な話から、食事指導までありながら、12時でスパッと終了。進行もスムーズで、グダグダ感のない、すばらしい1時間でした。”短い”っていいですね。

     

     

    透析になるとならないでは、余命はもちろん、個人の生活から、医療費まで大きな差が出てしまいます。腎臓についての啓発は、大きな意味があります。

     

     

    最後に思ったのは、参加には事前申し込みが必要でしたが、そのような人はもとから健康に興味があったり、既に通院している人が多いような気がするのです。本当に予防の重要性を知ってもらいたいのは、ふだんから全く興味がない人たち。

     

    そう考えると、もっと大きい部屋を用意して、当日の買い物客を勢いで呼び込めたら、一層よかったのではないかと思いました。

     

     

     

     

    追伸:やはりイオンシネマの見やすさは素晴らしいものでした。角度ある段差で前の人の頭がかぶらないし、何より画面がめちゃくちゃ見やすいです。前のスペースに縁者の机や、教壇もちょうどよい按配に設置されていました。

     

    ちなみに以前から知っていたのですが、イオンシネマは、個人単位で時間借りすることが可能です。

     

    ホームページで、シミュレーションしてみると、今回のように、日曜日の昼に189席の部屋を2時間借りると、17万円かかります。81席〜362席の10種類の部屋があり、席数に比例した値段設定のようです。

     

    一見、高く見えますが、設備もよいし、集客も期待でき、なかなかよい場所ではないでしょうか。もし、イベントをやるときには、こちらも候補ですね。

    2018.04.08 Sunday

    猪名部神社の上げ馬神事

    0

      今年の元旦に初詣へ行った猪名部神社http://dongri24.jugem.jp/?eid=47)。人もまばらな地味な神社ではありましたが、一画に大きな馬の像があり、春には馬が坂を駆け上る“上げ馬神事”があることを知りました。その神事が行われる「大社祭」(おおやしろまつり)が4/7(土)・4/8(日)開催ということで、本日見物に行ってきました。

       

       

      1192年鎌倉時代から続くといわれる大社祭。2002年には県の無形民俗文化財に指定されています。周辺4つの地区から集められた高校生が1か月前頃から騎乗訓練し、さらに1週間前からは家を離れて地域の集会所で生活するのだとか。本番は2.5mの坂を駆け上がります。

       

       

      車で行った場合は、東員町役場周辺の駐車場に停めることになります。13時からの上げ馬神事に合わせて、12時前に向かうと神社に近い東員町プール前の駐車場はもう満車。結局、庁舎前の駐車場から歩いていくことになりました。

       

       

       

       

      会場に到着すると、正月のあの静けさが嘘のように人であふれかえっています。木の策で馬が走る通る道が作られ、周りには仮設の観客席も設けられていました。

       

       

       

       

      13時のスタートに合わせて、坂の上のゴール地点へ移動し、上から見守ることにしました。一番手は長深地区です。「今、騎手が馬にまたがりました」とアナウンスが入り、観客にも緊張が走ります。急坂の上では地区の若い人たちが多数待ち構えており、おそらく馬や騎手を引っ張って駆け上がりを助けるのだと思います。それもあり、坂の途中は見えず、駆け上がってくるまで何が起こっているのか全く分かりません。

       

       

       

       

      歓声が沸き、崖から一瞬馬の顔が見えたのですが、また下に戻っていってしまいました。結局、失敗となりました。「続いて北大社地区です」とアナウンスが流れ、ねぎらいはなくあっさり次へ進行していきます。

       

       

      北大社地区の馬は、坂の上から顔が見えると、その勢いを保って上まで駆け上がってきました。成功です!観客の拍手とともに、騎手の高校生が勝ち名乗り(?)の雄たけびをあげ、会場は大きく盛り上がりました。

       

       

       

       

       

       

      次の駆け上がりは、坂の下から観戦しました。ずいぶん遠くで小さくしか見えませんが、駆け上がっていく様がしっかり見えました。ただこの回も、もう一息勢いが足らず最後まで駆け上がることができませんでした。

       

       

       

       

      会場には少しの屋台もあり、「猪名部ジンジャエール」という“神社による応援”と“ジンジャエール”をかけたと思われるジュースをお土産に買って帰りました。

       

       

       

      上げ馬を観るのは初めての体験でしたが、とても楽しい体験でしった。鎌倉時代から続くという伝統あるお祭り。伝統の力と地元の熱狂をひしひしと感じることができました。

      2018.03.13 Tuesday

      STAND UP TOIN

      0

        東員町に“暮らしの保健室”を立ち上げようという動きがあります。まだ30歳くらいの理学療法士の水谷さんが代表の「暮らしの保健室開設準備室 STAND UP TOIN」という組織です。数人のメンバーで、本業の傍ら活動しているようです。

         

        確かに、まだまだ町には医療サービスや介護サービスについて知らない人がたくさんいるのが現状です。当院でも相当悪くなってから在宅医療を依頼されたり、急遽介護サービスを導入したりと・・「もっと前から準備していればこれほど慌てずにすんだのに」という例は枚挙に暇がありません。

         

        そのような中、「STAND UP TOIN」は、一般の人が無料で自由に立ち寄り、健康や医療、介護などを相談でき、また、力になりたい人と、不安や悩みを抱える人を繋げる場を作ろうとしています。水谷さんは大変熱意のある方で期待したいところですが、まだ土地や建物は決まっていないそうです。

         

        もし完成すれば、ますます高齢者が増える中で、重宝がられる施設になることは間違いありません。しかし問題は、経営面でどのように運営するかだと思います。全国には、このような保健室があるにはありますが、医院や訪問看護ステーションに併設されていたり、マギーズ東京のようにクラウドファンディングや寄付で運営されているところがあります。STAND UP TOINはどのような運営が合うのでしょうか。

         

        現在、活動メンバーや支援者を募集しているそうです。当院もできる範囲で応援していきたいと思います。

         

         

        Email:standuptoin@gmail.com

         

         

         

        2017.11.03 Friday

        東員”あおい”まつり

        0

          本日は、東員”あおい祭り”へお邪魔してきました。

          前職でお世話になっていた、介護付き有料老人ホーム”あおい”(東員町長深)の4周年記念のお祭りです。毎年、11月3日に開催されています。

           

           

          東員・あおいの特徴は、なんといっても、施設長の安田さんをはじめ、職員の方に熱い情熱があって、入居者さんへの思いが半端ないということです。入居者さんに対して、まるで古くからの友人のように、丁寧に接しておられます。そして、このあおい祭りも「入居者さんや訪問する人を喜ばせたい」という気持ちが存分に伝わってくるものでした。

           

          こちらが、施設長の安田さん

           

          4周年ということで、スタッフの方も相当気合が入っています

           

          お昼どきに到着すると、さっそく、お昼ご飯をいただきました。味ご飯・焼きそば・おでん・・そして締めはぜんざいと盛りだくさん。特にぜんざいがとても甘くて美味しかったです!

           

           

          入居者さんも味わっています

           

          その後、施設をまわっていくと、中庭では金魚すくいが!!

          「やりますか?」と言われたので、やらずにはおれません。たぶん20年以上やっていない!?

           

           

          久しぶりにやってみると・・金魚をすくおうとすると中央へ逃げていくので、なかなか難しい・・

          その中でも、出目金は重いけど動きが遅いので、なんとか一匹捕まえることができました。久しぶりに子供に戻った気分!周りの子供さんたちも、とても喜んでいるようでした。

           

           

          そして他にも、ハンドマッサージのコーナーが!!

          川瀬さんという女性の方でしたが、月1回ボランティアであおいに来て、入居者さんにハンドマッサージをされているということでした。ラベンダー+オレンジのオイルでマッサージしていただきましたが、とても気持ちよく、また話も面白く、会話もはずみます。これは入居者さんも、やってもらったら嬉しいだろうなあ。川瀬さんはゆくゆくは、いろんな施設をまわっていきたと言われていました。

           

           

          今年も、東員あおい祭りを存分に楽しませてもらいました。いろんな方の熱気をもらって、「自分も頑張らねば」という気持ちになってきます。来年11月3日も伺います!!

           

           

          介護付き有料老人ホームあおい

           〒511-0255 三重県員弁郡東員町大字長深2126−1

           

          2017.10.21 Saturday

          東員町体育館

          0

            突然ですが、運動の秋ですね!

            この3か月くらい、仕事で忙しいという言い訳をして、全く運動をしていませんでした。

            思えば、いなべ市に越してくる前はジムに通ったり、外をランニングしたりと、けっこう運動に励んでおり、体も絞れていたのです。そんな中、最近は少し時間に余裕がもてるようになり、今日こそは運動をしようと決意したのです。

             

            しかし、いなべ市と東員町には、民間のジムがありません(涙)。

            ということで、トレーニング室があるという噂の東員町体育館へ行ってきました。

             

             

            東員町体育館は、東員町役場と同じ敷地内にあります。​今日は台風が迫っているということで、大雨だったのですが、駐車場や玄関は大勢の人で賑わっています。何かイベントかと思いきや・・体育館のアリーナで、明日の衆議院選挙の期日前投票が行われていたのでした。期日前に投票を済ませる人は多いのですねえ。

             

            さて受付で名前を書き、200円を支払い、更衣室で着替えてトレーニング室へ。

             

             

            室内は、明るく広いスペースの中、上半身の筋トレ器具からランニングマシンまで、充実度は必要十分!自分はランニングマシンを使っている時間が長いのですが、このマシンはなんと風を出す機能があり、涼しく走れます。久しぶりのトレーニングではありましたが、いい気分で1時間運動することができました。

             

             

            ロッカールームにはシャワールームもあり、この体育館にはトレーニングに必要なものが全て揃っています。中の雰囲気はよく、適度に利用者も少なく、ここはオススメです。地域で誇れる体育館、ここがあって良かった。今後通いつめることになりそうです!

            Calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << April 2020 >>
             
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM