2019.12.31 Tuesday

大晦日とおせち

0

    今日は大晦日。診療所で雑用をしながら、久しぶりに近所を散歩してみました。気温こそ12℃ありますが、小雨交じりの強い風が吹き、とても寒く感じられました。それにしても、石榑ではあちこちで森が伐採され、開拓が進んでいます。高速道路出口から近いということで、物流施設などができるそうです。

     

     

     

     

    さて、年末年始になると休業する飲食店が多く、ついつい食事をコンビニで済ませてしまうのですが、今年は奮発して洋食屋サクラでおせちを購入することにしました。

     

     

     

     

    事前に予約はしているので、本日15時に引き取りに行ってきました。それほど大きくはないですが、なかなか豪華なものが入っているのではないでしょうか。また食べてから報告したいと思います。

     

     

     

     

    おかげさまで、この1年ブログを毎日更新することができました。来年は、ネタに困ったら記事にしていた農園活動を行わない予定なので、毎日続けられるか微妙ではありますが、引き続き当ブログをよろしくお願いいたします。

     

    2019.12.11 Wednesday

    かりんのはちみつ漬け

    0

      先日いただいたカリンの実(記事はこちら)。

       

       

       

       

      持って帰って、早速はちみつ漬けにしてみました。ちなみに断面はこのような感じ。

       

       

       

       

      これを刻んで消毒した瓶に詰め込み、はちみつを1L注入。毎日攪拌します。

       

       

       

       

      ちなみに、漬ける前の実をかじってみました。果実からは桃の匂いが漂っているのですが、食べると渋いリンゴのような風味。あまりの渋さにしかめっ面になってしまいました。

       

       

      そして2週間ほど寝かせて、実飲してみます。ほどよく熟した黄金色の液体からは、お酒のような濃密な香りが漂います。原液を飲んでみると濃密な梅ジュースような味でした。

       

       

       

       

      お湯で割っていただくと、桃かリンゴかというような甘い風味がしっかりついていて、文句なく美味しいものでした。カリンには「食物繊維」「ビタミンC」が豊富に含まれており、のど飴にも使われるくらいで「咳止め」や「痰とり」の効能もあるそうです。体もとても暖まりましたが、冬にぴったりですね。

       

       

       

       

      2019.10.29 Tuesday

      葉生姜の梅酢漬け

      0

        先日収穫した生姜(しょうが)。今回は、小川調理員に、葉生姜の梅酢漬けを作ってもらいました。

         

         

         

         

        作り方は、収穫した生姜の皮をむき・・

         

         

         

         

         

        30秒ほど熱湯に通して、

         

         

         

         

        梅酢に漬けます。

         

         

         

         

        1日漬けたものがこちら。美しい紅色です。さっそく葉を握って、根元をかぶりついてみました。

         

         

         

         

        するとなんとも鮮烈な風味が。生姜と梅の辛くも甘酸っぱい風味が合わさって、とても刺激的な味。断面を見ると、中まで完全には染み込んでおりませんが、それでもとても鮮烈な風味。

         

         

         

         

        生姜といえば、他の料理に香辛料として用いることが多く、をそのままかぶりつくことは珍しい体験であると思います。実際、味も印象的で、病みつきになりそうです。

         

        2019.06.20 Thursday

        1年物の「梅ジュース」

        0

          先日、ペッパー君がいなくなった「もも鳥取」さんの老人ホームへ訪問した際ときのこと。診療の後に「梅ジュース」をすすめられました。

           

           

          「梅ジュース」といえば、当院で作った模様をブログで紹介したことがありますが(その際の記事はこちら)、「もも鳥取」さんの梅ジュースは、比べものにならないほどの大ボリューム!

           

           

           

           

           

          聞くと、地域の民生委員さんが梅の実をたくさん持ってきてくれて、スタッフと入居者さんで一緒に作ったそうです。

           

           

          こちらの入れ物からいただくのかと思いきや、横にもう一つ容器が。なんとこちらは、1年前に作ったものだそうです。1年間の熟成を経て飴色になった姿からは、確かに年季が感じられます。

           

           

           

           

          ちなみに、梅ジュースは“梅”と大量の“砂糖”で作るわけですが、糖分が濃いと菌が繁殖しないため、保存が効くのだそうです。20年たっても美味しく飲めるのだとか。

           

           

          1年物の梅ジュースをサイダーで割っていただきました。普通のものより、まろやかな味がしたような・・それでいてスッキリとした美味しいものでした。

           

           

          1年後に“2年物の梅ジュース”をいただくのが、今から楽しみになってきました。

          2019.05.29 Wednesday

          石窯でピザづくり

          0

            ここ最近は、暖かくなって患者さんの調子が落ち着いたこともあり、時間に余裕のある業務をしております。ということで、先日あのピザ窯をついに稼働させてみました。(ピザ窯を購入した際の記事はこちら「GARDEN ARTでピザ窯を購入」

             

             

             

             

            まずは、家で下ごしらえしてきたパン生地を円形に伸ばし、具材を盛り付けていきます。

             

             

             

             

            同時進行で、ピザ窯に炭を置き、ジェル状着火剤を介して、チャッカマンで火をつけます。が・・なかなか火の勢いが広がりません。うちわで扇いでもイマイチで、ガスバーナーを持ち出して、ようやく火が広がりました。頃合いになって、生のピザを円形のトレイに収納し、炭の上に置きました。

             

             

             

             

            ここで窯の中に手を近づけてみると、あまりの熱気に、瞬時にひっこめてしまうほど・・。中はかなりの高温になっているようです。それでいて、部屋の中はそれほど暑くはならず、効率的に熱を閉じ込めていることが分かります。

             

             

             

             

            石窯の強みとして、熱した石から輻射熱が発生し、遠赤外線と同じ効果を発揮する点が挙げられます。遠赤外線は、食材の中の水分を閉じ込めたまま、外側をパリッと、内側はしっとりとした焼き上がりにしてくれるそうなのです。

             

             

            さあ、火おこしの時点で1時間ほど経過し、予想以上に時間がかかりましたが、ピザの焼き上がりは10分程度と、あっと言うまでした。

             

             

            ただ、最初に食べたピザは、まだ半焼けの状態でいまひとつ。内も外もしっとりしている状態でした。

             

             

             

             

            次は少し時間がを長めに焼いてみた結果、底面におこげがみられましたが、十分にパリッとした触感と、焦げた香ばしい風味が加わって、期待通りの美味しいピザとなりました。

             

             

            最後にバナナを載せたデザート用のピザを作りましたが、バナナの甘さと焦げた風味が絶妙にあわさって、とても美味しかったです。

             

             

             

             

            結果的には火起こしに苦労しましたが、十分な火が得られた後は簡単かもしれません。次はもっとうまくやれそうで、また挑戦してみたいと思います。

            Calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << April 2020 >>
             
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM