2020.09.24 Thursday

月下美人を食べる

0

    昨晩、きれいに咲き誇った月下美人。今朝、通勤するとやっぱりというか、花はすっかりしおれていました。「少しの時間でも満開の姿を見られたのは、とても貴重な体験だったのだなあ」と改めて感じたのでした。

     

     

     

     

    さて、花はもう息を吹き返すことはなく、ごみ箱へ・・となるのが普通ですが、調べてみると、月下美人の花は食べられるそうです。ここまで来たからには、調理まで挑戦です。

     

     

    まず、さっとゆがいてみると色があざやかに。

     

     

     

     

    続いて包丁で刻み、

     

     

     

     

    ポン酢、鰹節で味付けを行い、完成です。

     

     

     

     

    花の美しさからはうって変わって、糸を引くようにネバっとしており、正直あまり美味しそうには見えません。意を決して口に入れてみると、粘り気はあるものの、歯ごたえはシャッキリ。余計な風味のない味は、かえって食べやすいもので、平均よりも美味しいと感じました。粘り気には美肌効果があったりと、体にも良いようです。

     

     

     

     

    ということで、鑑賞だけでなく料理でも月下美人を堪能したのでした。また機会があれば食べてみたいです。

    2020.09.23 Wednesday

    月花美人が今夜開花!!

    0

      以前ご紹介しました、患者さん宅で育てている「月花美人」(記事はこちら)。1年で3〜4日だけ夜に花を咲かせるという、サボテン科クジャクサボテン属の常緑多肉植物です。

       

       

      結局、夜に行かないと花が咲いているところは見られないため、自分たちには縁がないものと思っていました・・それが本日、「今夜咲きそうだ」と、患者さんの家族が花を2輪持ってきてくれたのです。

       

       

       

       

      葉っぱから茎が伸びる不思議な構造ですが、”つぼみ”はほんのり膨らんで、今にも開きそうです。赤みのある”がく”と、わずかに黄色がかった白色の”花べん”の組み合わせ・・・つぼみの時点で十分に美しいですが、咲いたらどんなに美しいのでしょう・・

       

       

       

       

      花が開く夜を待ちわびていましたが・・・夕方から往診が入り、出かけることに。

       

       

      終えて、20時5分前に診療所に戻ってくると、ほのかに甘い香りが・・花を覗くと、もう開花していたのでした。

       

       

       

       

      派手さはないけれど、息をのむような白の美しさ。そして醸し出す甘い香りは、少し苦みもあって上品な香水なよう。

       

       

       

       

      咲いているのは夜の3時間ほど。明日の出勤時には閉じているのでしょうね。「今しか見られない」という限定感はありますが、そうでなくても美しく存在感を放つ花でした。

       

       

      2020.09.04 Friday

      ハロウィンカボチャ

      0

        最近、何かと野菜をいただく機会が多いのですが、ブログネタも少ないので毎回記事にしております。さて今回いただいたのは、こちらの巨大カボチャ。「中身は食べらず飾っておくもの」だそうです。

         

         

         

         

        そう、ハロウィンの飾りつけに使うカボチャでした。カボチャには数多くの品種があり、ハロウィンに使用されるオレンジ色のカボチャと言っても、いくつか品種があるようです。今回のカボチャは、ネットの写真を見たところ、”アトランティックジャイアント”か、”ベビーパム”という品種でしょうか。ちなみに、スープやパイとしてなら、なんとか食べられるそうです。

         

         

        秋になって時間があれば、ハロウィン用に彫刻してみたいと思いますが・・。ちなみに、いただいたお宅では、このようにかわいらしく飾りつけされておりました。

         

         

        2020.08.30 Sunday

        シカクマメ

        0

          先日、患者さん宅からゴーヤと共にいただいた見慣れない野菜は、四角豆という名前。「今年初めて栽培してみたらうまくできた」と分けてくれたのです。

           

           

           

           

          マメ科シカクマメ属の多年草。断面が四角のため、この名前がついたのでしょうが、熱帯原産のため、日本では沖縄をはじめ暖かい地域で栽培されているようです。

           

           

          なかなか分厚い実ですが、皮をうっすら剥いてみると、中にはこのように小さな種が詰まっていました。これはは小ぶりなので、豆を食べると言うよりサヤごと食べて楽しむべきもののようです。

           

           

           

           

          実際、ゆでて刻んでサラダにしたり、てんぷらにも使えるとのこと。今回は、炒めていただきましたが、少しの苦さが香ばしさにもつながり、歯ごたえと合わせてなかなかの存在感を醸し出していました。

           

           

           

           

           

          また、別のお知り合いにいただいたのが、こちら千石豆(せんごくまめ)。フジマメのことだそうですが、特に岐阜県では飛騨・美濃伝統野菜として、千石豆としてブランド化しているそうです。こちらも天ぷらや、ゴマ和えなどにすると、美味しいそうなので楽しみです。

           

           

           

          2020.08.08 Saturday

          月下美人

          0

            先日の夕方、ある患者さん宅へ伺うと、庭先に地面へ向かってしぼんでいるお花がありました。聞くと「月下美人」という植物だそう。名前の通り、夜の20時頃に2〜3時間咲いているそうで、翌朝には下を向いているというわけです。

             

             

             

             

            Wikipediaによると月下美人は、メキシコの熱帯雨林地帯を原産地とする、サボテン科クジャクサボテン属の常緑多肉植物だそうです。

             

             

            初夏から秋にかけて花開くそうで、濃厚な香りを漂わせるそうです。南米では、これがコウモリを呼び寄せて花粉を運んでもらうのだそうです。昼は他の植物がたくさん花開いていますが、夜はライバルがいないため独り占めできるというわけです。

             

             

            ちなみに開花のために必ずしも月がでている必要はないそうです。一度しぼむとその花は終わりで、1年で3~4回ほど新しい花が顔をみせるそうです。

             

             

             

             

            はかない美しさを見せる月下美人、実際はどれほどの美しさなのでしょう。夜に往診に来ない限りは見られないのが悲しいです。

            Calendar
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            27282930   
            << September 2020 >>
             
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM