2020.10.25 Sunday

伊吹山をドライブウェイから登頂

0

    昨日からの続きです・・

     

     

    伊吹山登山は3合目で引き返すことになったものの、わりと満足感がありました。ふもとの店で、名物「山菜とイワナのてんぷら定食」に舌鼓をうち、後は温泉に入って帰るだけ・・・

     

     

     

     

    ですが調べてみると、伊吹山にはドライブウェイがあって、車で9合目まで登ることができるそう。せっかく来たので頂上近くの雰囲気を味わっておこうかと、行ってみることにしました。

     

     

    関ヶ原駅まで戻ってから、山へ向かう先がドライブウェイ。通行料3140円と高いですが、これが15劼發△詁擦里蠅妊疋薀ぅ屬里靴いがありました。高いところへ行くと紅葉も見られ、絶景です。

     

     

     

     

    そして9合目の駐車場に到着。正直、ここからの景色でも十分ではあったのですが、地図によれば、ここから20分ほど歩けば山頂へ到達できるとのこと。最後に力を振り絞って登ってみることにしました。

     

     

     

     

    5℃という気温に、吹きすさぶ風で耳が痛くなってしまう厳しい環境でしたが、険しい斜面をなんとか登り切り、山頂へ到達です。高山植物と岩に覆われた地には霧がかかっており、夕日も差し込んで、とても幻想的な光景でした。

     

     

     

     

     

     

    ということで、スタートから山頂まで、自分なりにしっかりと伊吹山を堪能することができました。体力や足の鍛錬が足らず、一部の道のりだけでしたが、それでも登山の素晴らしさの一部を体感したつもりです。景色もよいですが、すれ違う人たちがみんな声掛けするのもよいですね。

     

     

     

     

    また機会があれば、別の山にも登ってみたいです。ちなみに伊吹山は、ドライブウェイから少し歩いて山頂・・と、美味しい場面を短時間で体験できるので、かなりおススメですよ。

    2020.10.24 Saturday

    伊吹山を登山

    0

      本日は休日ということで、朝から登山へ行ってきました。ターゲットの山は、いなべ市から車で50分ほど、関ヶ原の北西に位置する「伊吹山」です。

       

       

       

       

      振り返ってみると登山は小学生以来のような・・。登山口に到着したのが10時半という遅い時間帯だったので、絶好の登山シーズンにおいては、ほぼ全ての駐車場が埋まっておりました。こちらには大きな駐車場が整備されているわけでなく、点在する民家がそれぞれの庭を駐車場にしているというシステムなので、なかなか空きを見つけにくかったわけですが、なんとか駐車することができました。

       

       

       

       

      登山口で300円を支払い、いよいよ登山開始です。滋賀県と岐阜県にまたがる伊吹山は標高1377m。登山口から頂上まで4時間、下山に2時間半もかかると聞いていましたが、十分な覚悟を持ってバッチリ制覇する意気込みでありました・・

       

       

       

       

      それにしても最初からなかなかの険しい道のり。30分経過してようやく1合目(標高420m、登山口の標高が220m)に到着です。しかし、まだ1合目というのにかなり息切れが。

       

       

       

       

       

      しっかり休憩し、再び歩き出します。そして2合目を過ぎ、息を切らしてなんとか3合目(標高720m)へ到達。この時点で1時間半経過・・。まだ4割という段階ですが、すでに足も腰も十分に痛く、「さらに上がると帰ってこれないのではないか・・」という不安がよぎります。

       

       

       

       

      しかも標高720mでもかなり寒く、「2枚しか持ってこなかった服では、この先厳しいのではないか・・」という思いも。加えて「このランニングシューズでは、ゴツゴツした岩場を耐え切れないかも・・」「頂上までトイレもないらしいが、大丈夫だろうか・・」

       

       

      ということで、非常に残念ではありますが、勇気ある撤退をすることとなりました。同じ道を引き返していると、俄然元気が湧いてきて、スイスイ下り、登山口に無事戻ることができました。

       

       

       

       

      ちなみに3合目には、ホテルとゴンドラの跡があります。

       

       

       

       

      調べると、以前はゴンドラが稼働しており、登山口から3合目まで労せずに来ることができたそうです。利用者の減少などもあり2010年に廃止、隣のホテルも休業したとのこと。このホテルは中に入ることができましたが、その廃墟っぷりがなかなか衝撃的。

       

       

       

       

       

      「跡をこんなになまなましく放置していてもいいんだなあ」という感想です。そんな場所でも、窓を通してみる景色は素晴らしいものでした。

       

       

       

       

      「ゴンドラで3合目まで来れていたら、頂上まで行けたのになあ・・」と負け惜しみを思いながら、山を後にしたのでした。

       

       

       

       

      続く

      2020.09.22 Tuesday

      秋のサイクリング

      0

        本日の午前中は、サイクリングへ行ってきました。半年ほど前にロードバイクを手に入れたのですが、たまに診療所のそばをぷらっと走るくらい。「宝の持ち腐れではいけない」と、秋空の下、初めての遠出に挑戦です。

         

         

         

         

        といっても、学生時代はかなり自転車移動をしていましたので、「藤原町の奥の方まで行って帰ってくるか・・」と軽く考えていました。しかし走り出すと、登りの局面ではやっぱりきつく、15分ほど走ると股関節が痛くなり、息も上がってくる始末。予想以上に厳しい道のりになりましたが、なんとか阿下喜駅へ到達。

         

         

         

         

        コンビニで休憩して、意を決して藤原岳の方面へ向かいます。それからは足の痛みに慣れてきたのか、マイペースながら止まることなく進むことができました。

         

         

         

         

        訪問診療をしていると、だいたいの道は車で通ったことがあるのですが、車が入れないような道も選んで、道や景色も楽しむこともできました。そして藤原岳の麓、「西藤原駅」へ到着。

         

         

         

         

        もう引き返す気力は残っていませんでしたが、心配はいりません。三岐鉄道三岐線は自転車ごと乗り込むことができるため、診療所の最寄り駅「三里駅」まで電車に乗って帰ることに。

         

         

         

         

        列車の中は、乗客がほとんどいない広々とした空間で、自転車を前にゆったり着席。のどかな風景を眺めながら帰路につきました。

         

         

         

         

        快晴であった分、少し暑かったですが、サイクリングを堪能した2時間半でした。今もお尻や太ももが痛いですが、秋のうちに何度か乗って、慣れていきたいですね。

         

         

        2020.08.23 Sunday

        メダカとアオミドロ

        0

          本日はメダカの報告です。

           

           

           

           

          まだまだ暑く、1年前からの親メダカが死んでしまったり、一緒に飼っていた透明のエビが、茹で上がったかのように白色や赤い姿で死んでいたりと、魚たちにも辛い環境が続きます。

           

           

           

           

          ビオトープの手入れも大変で、高温と日光の加減か、緑色の藻が大量発生し、水草や壁面にこびりついています。調べると、中学生のとき、光合成の仕組みで習った“アオミドロ”という藻類なようです。エビがこれを好物とするのですが、食べる以上に大量増殖しているようです。

           

           

           

           

           

          とにかく景観が悪く、水もドロドロになっていくような気がして、手で直接取り除きます。ただ、流木の表面には、ぎっしりと付着していて、スポンジでこすってもとれません。とりあえず、外に出して天日干しにしようと思います。

           

           

           

           

          なかなか手のかかるメダカ飼育ですが、それでも「もう少し子供を増やしたい」という気持ちが出てきたため、再度卵を隔離してふ化を狙っています。こんな暑い日々でも少しずつ卵を産んでくれており、第3世代の登場が待たれます。

           

           

          以前の睡蓮鉢も掃除してリニューアルしてみました。涼しくなると手入れは楽になってくると思いますし、まだまだ楽しみたいと思います。

           

           

           

          2020.08.10 Monday

          メダカも暑さ対策

          0

            本日は朝からメダカの手入れを行いました。5月に生まれたメダカの稚魚も大人になり、早くも卵を抱える個体も・・。ただ100匹以上いるため、これ以上飼える手間もなく、繁殖はストップしております。

             

             

             

             

            朝9時頃からビオトープの伸びすぎた植物のカットや、新しい植物の鉢植えなどを行いました。作業をしていると、朝なのにいつのまにか汗がびっしょり。

             

             

            人間が夏バテする状況ですが、それはメダカにも当てはまるようです。これまでほとんどなかったのですが、夏になってメダカの死骸を数匹見るようになりました。そして生きているメダカも、動きが鈍いように見受けられます。

             

             

             

             

            実際、水を触ると「お湯?」と思うくらいの生ぬるさです。このときは外の気温は33℃なのに、水の中にある温度計はなんと38℃でした。メダカは2℃〜38℃と幅広い温度域で生きることができるそうですが、限界に近い数字。ちなみに快適に動けるのは28℃までと言われています。

             

             

            ということで、高温防止のために100円ショップで買ってきた簾(すだれ)をたてかけることに。どれくらい効果があるかは分かりませんが、とりあえず直射日光を遮れるだけでもよいかなと。夏の風情も少し出て、全体的に良い光景になったと思います。メダカにもこの夏を乗り切ってほしいものです。

             

             

             

             

            追伸:お盆休みのお知らせ

            8/13(木)、8/14(金)は診療所は閉院致します。来訪や電話には応じませんのでご了承ください。いつもの通り、患者様への緊急対応電話は利用可能です。

            Calendar
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << November 2020 >>
             
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM