2018.05.07 Monday

富山の美術館

0

    事務長の大原君が、富山県のまちなか診療所を紹介してくれましたが、ちょうどゴールデンウィークに富山へ旅行したという患者さんがいました。聞くと、とても良いところであったそうです。

     

     

    足腰の不自由な患者さんなのですが、4月末の連休で息子さんが帰ってきたので、車で1泊旅行に連れていってもらったそうです。休憩をはさんで片道4時間の旅路は疲れたということですが、ホテルの温泉で癒されたそうです。富山は美術館が充実しており、車椅子なども使いながら、3つの素晴らしい美術館をまわったと教えてくれました。

     

     

    それらの美術館を自分でもネットで調べてみました。まず、最も注目を集めているのが、去年8月にオープンしたばかりの「富山県美術館」。様々な作品群もさることながら、モダンな造りが運河とマッチした景観がすばらしいです。屋上に芝生があって実際に寝そべることもできたそうです。

     

     

     

     

     

     

    続いて「富山県水墨美術館」。水墨画・屏風・掛け軸などの展示があるようですが、広大な庭に一本だけたたずむ紅枝垂れ桜が美しいですね。

     

     

     

     

     

    そして最後は「富山市ガラス美術館」。隈研吾氏デザインの外観にはずっと見入ってしまいますね。なぜ”ガラス”なのかというと、富山といえば薬ですが、薬瓶の生産に関連してガラス産業も盛んなのです。

     

     

     

     

    富山は鉄道で素通りしたことしかなく、詳しく知りませんでした。しかし診療所といい、美術館といい、良いところですね。皆さんにもぜひ見に行ってほしいと思います。

     

     

    それにしても、ネットで名所を調べるだけでも十分に楽しむことができました。出不精にもありがたい世の中になったものです。

    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM