2020.04.06 Monday

花見

0

    コロナウイルスと全く関係がないかのように、この週末は絶好の花見の機会でした。

     

     

    仕事でいなべ市をまわっていると、たくさんの桜の名所を見かけます。それでもまずは、診療所から近い、両ヶ池の桜ですね。路肩に車を停めてしばらく見入りました。すでに葉桜の多い木もありましたが、美しい光景でした。

     

     

     

     

    他にも10台ほどの車が停まり、多くの人が見物されていました。その中に高齢施設の利用者さんと思われる数人と、職員さんの姿も。面会や外出が制限され、利用者さんたちもうっぷんがたまっているでしょうから、心が晴れるでしょうね。

     

     

     

     

     

    さらに、名所として有名な大安庁舎にも行ってきました。

     

     

     

     

    庁舎の裏には宇賀川が流れていて、その堤防沿いにたくさんの桜が咲いています。こちらは初めて訪れたのですが、ここまでたくさんの桜があるとは思いませんでした。

     

     

     

     

    こちらも車や人が多く、ここ最近にしては賑わっていました。密集しているというほどではありませんでしたが。

     

     

     

     

    日頃の閉塞感を和らげてくれる、多いに心が落ち着く花見となりました。

    2020.04.05 Sunday

    老人施設内のコロナウイルス感染対策

    0

      先日、ある老人ホームへ往診しましたが、入り口で検温、そしてアルコールによる手指消毒を指示されました。3月に入ってどこの施設でも、家族の面会も禁止していましたが、ここにきてますます予防対策が厳しくなったように思います。

       

       

      当地域は田舎なので、人が集まる店も少なく、都会に比べたら感染リスクは低いように思えます。ただその中、老人ホームなどの施設はやはり人が密集する場所であり、ここで感染が起こると一気に広がる可能性があります。

       

       

      三重県から発表されている「高齢者施設等における新型コロナウイルス感染症対策の留意点」を確認すると、やはり咳エチケットや手洗いはもちろん、家族や業者の入館制限、利用者・職員の体調確認を徹底するようにということでした。

       

       

      その上で、高齢者や基礎疾患(糖尿病、心臓病、呼吸器疾患)を抱える人で、「37.5℃以上の発熱が2日以上続いた場合」、もしくは「強いだるさや息苦しさがある場合」には、訪問医師などに連絡し、感染が疑われる場合には「帰国者・接触者相談センター」に連絡して、指示を受けるようにとのこと。

       

       

      そして最も気になる、「もしも入居者や職員に感染が発覚した場合」についてですが、保健所の指示に従い、館内の消毒はもちろん、濃厚接触が疑われる利用者は個室に隔離、さらに濃厚接触が疑われる職員については、“症状があれば自宅待機”、“症状がなくても出勤するかどうか保健所の指示に従う”とありました。

       

       

      特に濃厚接触が疑われる利用者に対しては、可能な限り担当職員を決め、体温計などの器具も専用とし、換気も十分に行うべきとのことです。

       

       

      ただ、一部の利用者さんの生活を隔離するというのも手順が多く、簡単ではないでしょうね。また、濃厚接触でない職員の人も出勤したくないでしょうし。

       

       

      ある管理者の方も、「いつまで続くんですかねえ」と神経質になっておられました。この厳戒態勢はまだまだ続くと思いますが、厳しい予防対策によって、なんとか老人施設内だけでも封じ込めがうまくいってほしいものです。

      2020.04.04 Saturday

      次亜塩素水

      0

        最近、マスクとともに消毒液が不足する中、お知り合いより、次亜塩素系の消毒液をゆずっていただきました。

         

         

         

         

        次亜塩素酸には強い殺菌作用があり、これまでもノロウイルスやインフルエンザウイルスの不活化に使われてきました。新型コロナウイルスに対しては、まだ効果が実証されていないようですが、前述のウイルスと似た形であることから、効果あるものと予測されています。

         

         

        教科書的には、塩化ナトリウムの水様液(塩水)を電気分解して作るとされていますが、水に塩素系漂白剤を少量加えることで生成可能です。ちなみに、希釈度によって効果に差が出るため、目的に応じた濃度を知っておく必要があります。

         

         

        このあたり、自治体のホームページでも作り方が紹介されています。目黒区のホームページでは、コロナウイルス対策として、漂白剤(5%)を水で100倍に薄める(漂白剤5mlに対して、水を500ml混ぜる)方法が掲載されていました。この液体でドアノブ、調理器具、衣類などを消毒できるということです。

         

         

        目黒区ホームページより

         

         

        意外に簡単に作ることができるので、消毒液が買えないということは、試してみてはいかがでしょうか。

        2020.04.03 Friday

        働き方改革〜有給休暇〜

        0

          このたび、県の勤務環境改善支援センターから書類が届きました。内容は、2019年4月1日から、働き方改革関連法が順次施行されているというお知らせ。あれっ、ちょうど1年前にもらったものと同じで、ブログでもきっちりネタにしているではありませんか。すっかり忘れていました・・

           

           

           

           

          振り返ると、主な働き方の変化はこちらの3点。

          〇間外労働の上限規制

          (月45時間、年360時間以内が原則。特別な事情がある場合でも年720時間、単月100時間未満)

          年次有給休暇の確実な取得

          (10日以上の有給休暇が付与される労働者に対して、毎年5日、時期をして休暇を与える必要がある。)

          正規雇用労働者と非正規雇用労働者で、待遇差をつけることが禁止

          (非正社員でも正社員と同等の賞与、交通費、役職手当などを支給しなければならない)

           

          ,鉢△2019年4月からの施行。はこの2020年4月からの施行ですが、当院を含む中小企業は2021年4月からと、1年猶予が与えられています。この機会、1年前から施行されている´△砲弔い董当院で適切に運用されているか振り返ってみると・・

           

           

          まず、当院の場合、1人あたりの残業時間はおおよそ月15時間程度なので、,魯リアしています。

           

           

          一方で、有給休暇は、率直にいって、適切に付与できておりません。取得日数は、1人あたり5日/年くらいでしょうか。人によっては5日取得できていないと思われ、△亘たせていない・・

           

           

          しかし詳しくみると、2019年4月1日から一斉にスタートするのではなく、4月1日以降、最初に有給休暇が発生した日(基準日)からの1年間で、5日取得すればよいというルールでした。たとえば10月1日に有給を与える従業員に対しては、2019年10月からの1年間で、5日の有給取得させればよいということ。ついては、まだルール違反ではなく、挽回可能ではあります。

           

           

          しかも、期間中に5日取得するまでは、医院側が時期を指定してよいとも(本人の同意が必要ではありますが)。暇そうな日があれば「〇月△日に休みをとってくれませんか」とお願いできるということですね。

           

           

          後々、けがや病気になったり、家族の介護が必要になるかもしれない・・など「有給休暇は後に残しておきたい」というのは、みんなが思っていると思います。しかし、これではなかなか取得が進まない。積極的に声をかけていきたいと思います。

           

          2020.04.02 Thursday

          からみそラーメンふくろう・いなべ店

          0

            昨日から新年度ですね。それはさておき、本日、麵屋すみかの跡地に「からみそラーメンふくろう・いなべ店」がオープンしていました(以前の記事はこちら)。名古屋に本店のあるチェーン店ですが、これまで入店したことはなく、どのような味か非常に気になります。

             

             

             

             

            このご時世、人が集まりそうなところは避けるべきではありますが、早く食べたいという思いが勝り、18時頃に訪ねてみました。

             

             

            お店の前には、待っている人が5人ほど。大雨ということもありますが、元から駐車場が少ないので、過度な行列はできないようになっています。自分が着いたときには、タイミングよく駐車場が1台空いていたのでした。名簿に名前を書いて待っていましたが、1人ということで団体さんよりも先に呼ばれ、待ち時間は15分ほど。

             

             

             

             

            麵屋すみかと違って、入ってすぐ左側の機械で食券を買うシステムでした。いろいろな品目がありますが、写真がないのでどんなものか分かりません。とりあえず、“おすすめ“とあった、「全のせ・からみそラーメン(1150円)」を選びました。店員さんに食券を渡す際、辛さ(1〜6の6段階)、ニンニクの有無を聞かれます。

             

             

             

             

            カウンター席に座って待っていると10分ほどでやってきました。煮卵、チャーシュー、ノリ・・まさに全のせです。麺は太麺、そしてもっとも目につく、中央の赤い練り物が辛みそです。

             

             

             

             

            まずは辛みそを溶かさずにいただきます。濃厚なスープが太麺と絡んで美味しいです。そして、ゆっくり辛みそを崩していきます。ピリ辛さが加わり、味がゆっくりと変化していきます。

             

             

            箸が進み、気づくと残りはもう3分の1以下。ここで、辛みそを全て溶かしてみることに。スープが真っ赤になり、さすがに自分には辛かったです。今度からは、もう少し少し控えめにしておこうと思います。そして完食。

             

             

             

             

            麵屋すみかの端麗さと対照的で、少しお腹に残る重厚感がありました。ただ、それは心地よいもので、しばらくするとまた食べたくなるのでしょうね。「からみそ・まぜそば」「しょうゆラーメン」もあるようです。今度は何にしようか迷いますね〜

             

             

             

             

            からみそラーメンふくろう いなべ店

            三重県いなべ市員弁町楚原868-6

            営業時間 11時30分~14時30分 18時~21時  定休日 水曜日

            Calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << April 2020 >>
             
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM