2019.08.21 Wednesday

元気な在宅患者さん

0

    今度、在宅医療のお話をする機会ががあるので内容をまとめています。このような場でよく聞かれるのが、「どんな状態になったら在宅医療を利用できるのか?」ということです。

     

     

    これについて、定義は「1人で医療機関へ行けない人」となります。“足腰が弱って歩けない人”はもちろん、“足腰は丈夫だけども、認知症で医療機関への道順が分からない人”も対応になります。

     

     

    定義はこの一言だけなので、「1人で医療機関へ行ける」と「行けない」の厳密な基準はありません。微妙なケースは訪問医師のなんとなくの判断によります。ということで、“かなり元気そうな人”でも在宅医療を受けていることがあるわけです。

     

     

    特にいなべ地域では、広い割に医院の数が少ないので、一番近い医院までもかなり距離があり、在宅医療を希望する人が多いです。ということで、当院の患者さんは、「比較的元気な方の割合が多いかな」と感じております。

     

     

    たとえば、“内臓は悪くないけど高齢で足がふらついてきた”、“腰が痛くて歩きにくい”方など・・。正直、都会のように近所に医院があれば、「自力で通院できているんだろうな」と思わせる人もいます。

     

     

    話は変わって、在宅診療は2つの行為で成り立っているのですが、それは「訪問診療」「往診」です。あらかじめ予定した日に訪問し、診察するのが「訪問診療」、それ以外に緊急の依頼を受けて診察に赴くのが「往診」となります。

     

     

    元気なときから診察し、体調悪化を予防したり、遅らせたりすることが大切と考えられているため、在宅医療では特に「訪問診療」が重要視されています。逆にいうと「訪問診療」をしっかり行えば、「往診」を依頼されることもない、という考え方です。

     

     

    さて、元気な在宅患者さんの場合、体調を崩しませんから、長きにわたって「往診」を依頼しない方もいます。定期の「訪問診療」に行っても体調に変わりないため、世間話をして、いつもの薬を処方して帰ってくることも多い。

     

     

    ということで、「訪問診療」でいつもの薬を出してもらえれば十分で、「往診」まで必要なさそうな方もいるのですが、そういう元気な方と、落ち着いた話をすることで、癒され、ほっと一息つけるのも事実。

     

     

    国の医療費の面からすると、微妙だとは思うのですが、「元気な在宅患者さんもいてほしい」というのが自分の本音であったりします。

    2019.08.20 Tuesday

    富田の認知症カフェ「浜ノ茶屋」

    0

      火曜日午後は、富田浜病院の特養へ回診に行く日。本日はグループの「富田在宅介護支援センター」による「認知症カフェ」が行われていると聞きつけ、先だって30分ほど見学させていただきました。

       

       

      会場は、富田浜病院から少し離れた、在宅介護支援センターの建物。この建物が古風な民家で、認知症カフェにぴったりという雰囲気を醸し出していました。名前も「浜ノ茶屋」と、らしい名前ですが、広いスペースでないため完全予約制とのこと。看板もなく、初見ではまず分かりません。

       

       

       

       

      中へお邪魔すると、10人ほどの参加者がわいわいと歓談されていましたが、途中から近隣の歯科医院さんによる講義が始まりました。小道具をふんだんに利用しながら、歯周病から誤嚥性肺炎、フレイルまで、とても分かりやすい内容でした。聴衆の方々もしっかり理解されたようで、活発に質問が飛び交っておりました。

       

       

       

       

      講義1時間、お茶を飲みながらの歓談や体操を行う1時間、計2時間の会で、今回の参加者は、認知症の患者さん3人に、その家族や近所の友人であったとのこと。

       

       

      毎月第3火曜日13:30~15:30の開催で、次回は薬局の薬剤師さんを呼んで、コグニサイズをするそうです。月1回ではありますが、しっかりした講義を企画しており、参加していると健康に対して十分な知識が得られそうですね。

       

       

      調べると、四日市では市内15か所で、月に1回程度、認知症カフェが開催されているとのことです。最近は、全国各地で「認知症カフェ」が開催されていますが、頻度や参加人数、内容など、どんなものがベストなのでしょうか。今回のカフェはかなり良かったと思いますが、今後も各地の活動を見守っていきたいと思います。

       

       

      2019.08.19 Monday

      ペースメーカーの遠隔モニタリング

      0

        本日はペースメーカーの「遠隔モニタリング」のお話です。

         

         

         

         

        在宅患者さんには不整脈などがあって、胸にペースメーカーを埋め込んでいる人も多くいます。ペースメーカーに不具合があってはいけないので、半年に1回ほど病院に行ったり、業者が家へ訪問して、点検を受けるのが通常です。ただ最近では、ペースメーカーの遠隔モニタリングというものが広まっているそうです。

         

         

         

         

         

        体から3m以内に、トランスミッターという送信機を置くと、動作状況が記録されます。その情報は定期的にインターネット回線で医師に送られ、確認を受けるわけです。別に、不具合が起こった際には、自動的に医師に通知が届きます。

         

         

         

         

        この器具を使うことにより、病院に行ったり、専門職の訪問を受けることなく、動作状況を確認することが可能となります。業者さんも定期的にお宅を訪問して点検するよりは、器具を貸し出した方が楽だという事情もあるのでしょう。ただし、結果を受けて動作設定を変更する際には、受診が必要となるそうです。

         

         

        器具を使用するための金銭的負担は、360点/月の医療費の上乗せとなります。1割負担であれば360円の負担増です。

         

         

        自分の経験上、ペースメーカーに不具合が起こることはほぼなかったので、「そこまでするか」という気持ちもありますが、他院から紹介された時点でこの送信機をもっている人もチラホラみるようになりました。今後、当院も利用することになりますので、効果を見極めていきたいと思います。

        2019.08.18 Sunday

        金沢観光

        0

          2日間休みがとれたので、昨日から金沢観光へ行っていました。いなべ市から高速道路で3時間ほどと、思っていたよりも近く感じました。

           

           

          それにしても、金沢という街は素晴らしいところでした。中心市街地は新幹線が止まる金沢駅・・ではなく、そこから15分ほど歩いた「金沢城・兼六園」周辺です。

           

           

          この周りに、ホテル、ショッピングビル、魚市場、美術館、歴史博物館、お茶屋街、が集まっており、コンパクトにまとまっています。この周辺だけで、歴史も文化も、食事も買い物も、全て体験できてしまうわけです。

           

           

          お城を囲う道を「百万石通り」と言うのですが、言葉に偽りなしです。地方都市の中でも、ここまで洗練されていて、「田舎っぽさ」「寂れ」を感じさせない場所は珍しいと思います。

           

           

          観光地として最も有名なのは、織田信長が築き前田利家が受け継いだ金沢城、そして4代目藩主前田綱紀がその隣に整備した兼六園です。

           

           

           

           

          特に金沢城は、外からみると城郭があって立派に見えるのですが、あくまで塀であり、中に建物はほとんど残っていません。明治になって軍用の施設となり、建物は撤去されてしまったそうで、二の丸・本丸があった場所は広大な芝生となっています。それでも、さすが100万石と思えるほどの広大な敷地で、栄えていた200〜300年前の光景を想像してしまいます。

           

           

          また、金沢城・兼六園周囲にある21世紀美術館も近代的な建物で、展示もなかなか興味深いものでした。プールを下から見上げるコーナーがあったり、巨大な泡を展示していたりしました。

           

           

           

           

          また食のほうでも、金沢市民の台所と言われる、近江町市場に豊富な海の幸が集まっており、新鮮な海鮮丼をいただきました。しかしこちらは観光客が多すぎて、かなりの混みっぷりでした。近くのお茶屋街や武家屋敷でも、歴史を感じながらお茶をいただいたりしました。

           

           

           

           

          魅力的なスポットが中途半端に分散せずに、集まっているというのは、やはり100万石の規模をうまく継承して再開発したからに他ならないと思います。夏はやっぱり暑かったですが、秋・冬も趣がありそうです。かなりおススメな観光地でした。

           

          2019.08.17 Saturday

          株式会社アグリッドの「トマトハウス」

          0

            大安イオン前の通りを東員町に向かって進んでいると、左側に大きな建物が建設中であることに気づきます。

             

             

             

             

            あたりは田んぼが広がる農業地帯、そんな場所なので、少しアンバランスな印象を受けます。加えて、碁盤の目のように等間隔に柱が立ち並ぶ光景は異様で、ふつうの工場やお店ではないように思われます。いったい、なんの建物なのでしょう・・。

             

             

             

             

            現場に近づいて看板をみると、「株式会社アグリッド」と書かれています。なんの会社?

             

             

             

             

            数日後、地元の方に話を聞くと、なんと日本最大級の「太陽光トマトハウス」が完成するとのことです。屋根として透明の素材で覆って、ビニルハウスのようになるのでしょうか。多数の柱はそういう役割なのですね。

             

             

             

             

            「株式会社アグリッド」について調べてみると、津の「株式会社浅井農園」「株式会社デンソー」の合弁会社として、2018年に設立されたとのこと。

             

             

            サイトには、「201910月に、農業技術と工業技術を融合した日本最大級・最先端のトマト農場の稼働を予定しています」と書かれており、これがこの建造物なのでしょう。「浅井農園の持つ国内トップクラスの施設栽培・品種開発技術に、デンソーがハウス内の環境制御・作業改善や自動化による省人化・生育栽培制御などの工業化技術を導入する」とのことです。

             

             

            特筆すべきは、土を使わない水耕栽培であるということ。水と液体肥料でトマトを育てるというわけです。

             

             

            自分も畑作業をするようになって、土の扱いが難しいことがよく分かりました。水やりはもちろん、耕したり、肥料を混ぜたり、雑草を抜いたり・・、土を使わなければ、こんな面倒な作業は必要ありません。加えて、ハウス内で育てるので、害虫や天候の影響も受けにくくなるでしょう。

             

             

            そしてもう一つ覚えておきたいのが、水の中の方が根が伸びやすいということ。実は、土自体は根にとって物理的障害物になるのだそうです。土の中より水の中の方が根を伸ばしやすく、結果、2倍速く成長するのだとか。

             

             

            水耕栽培のメリットにびっくりです。初期投資はかかっているでしょうが、ものすごい可能性を秘めた施設になりそうです。いずれ、いなべ市が美味しいトマトの一大産地として注目されるようになるのではないでしょうか。多いに期待したいですね。

             

             

            Calendar
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031
            << August 2019 >>
             
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM